ネットマネー 2017年7月号より一部を特別公開!

マネーの金脈開通トンネル

お金に関する最新サービスツール、イベント情報が見つかる


カブドットコム証券の「kabu smart」アプリがバージョンアップ。auユーザー限定のキャンペーンも実施中!

新アプリのリリース記念で最大1,200円プレゼント

 カブドットコム証券が提供するスマートフォン専用アプリ「kabu smart」が便利だと話題だ。

「kabu smart」は、株のポートフォリオを一元管理してくれるアプリ。
証券会社ごとに管理していた情報を1画面で確認できるので、複数の証券会社を使い分けて投資している人にとっては非常に使いやすい。

 国内主要指数、国内上場銘柄の検索、チャートも分足、週足、月足に対応。株式のポートフォリオの管理もラクラク。
登録できる銘柄数は10リスト×10銘柄の合計100銘柄。ほかの証券会社で購入した銘柄の登録もできる。

 また、SNSの「みんなの株式」の投資情報サービス「みんかぶリサーチ」と連携し、上場企業全銘柄の分析結果、過去の株価や業績からの「割安・割高」評価、バリュエーション別の判断を提供してくれるなど、使い勝手は抜群だ。

4月のバージョンアップでは「PICK UP! ニュース」機能が追加された。

 併せてauスマホ専用アプリ「kabu smart for au」をリリース。これを記念して、アプリ経由でカブドットコム証券に口座開設すると一律200円をプレゼント、さらに投資信託を1万円以上買い付けると1,000円をプレゼントするキャンペーンを実施している。

三菱東京UFJ銀行が「春の保険診断キャンペーン」を実施中!

この春、いつもの銀行で保険の見直し相談を

 この春から新社会人になった人、仕事やライフスタイルが変わった人も多いだろう。生活の変化に合わせて考えたいのが「保険」だ。
また、新年度の始まりを機に保険の見直しをするのもオススメだ。

 現在、三菱東京UFJ銀行では「春の保険診断キャンペーン」を実施中。近年、銀行の窓口での保険販売が伸びている。
同行では、病気への備えとして医療保険、ガン保険、万が一への備えとして終身保険や収入保障保険、将来への備えとして年金保険や介護保険など、多様な保険商品の中から比較できる。

 6月30日までに保険証券を持参し保険の相談をした人の中から抽選で500名に1万円相当のカタログギフトをプレゼントするキャンペーンを実施中。ぜひこの機会に加入している保険の内容を確認してみては。

三井住友銀行が「『春のご相談』キャンペーン」を実施中!

三井住友銀行で一緒にマネープランを考える!

生活費として毎月絶対にかかるお金、マイホームの購入資金、子供の教育費―。
今、そしてこれから「何に」「いくら」必要なのかを明らかにする必要がある。

 そのためにはまず自分のお金の現状を確認し、マネープランを考えなければならない。

 三井住友銀行では、マネープランの相談に乗ってくれる「『春のご相談』キャンペーン」を6月30日まで実施している。
銀行の窓口に行って、所定のヒアリングシートに回答するとクオカードがもらえるAコース、所定の運用商品の購入と定期預金の申し込みで金利上乗せまたは積立取引の契約でVJAギフトカード1万円分がもらえるBコース、Cコースと3つのコースがある。詳細はWebでチェックを!

大和ネクスト銀行が「2017春のスマデポキャンペーン」を実施中!

最大で110米ドルがもらえるチャンス!

 大和ネクスト銀行では、6月30日までに「DAIWA SMART DEPOSIT(愛称:スマデポ)」を申し込み、7月14日までにカードを発行した人に、もれなく10米ドルをプレゼントする「2017春のスマデポキャンペーン」を実施中だ。
 さらに、外貨普通預金残高、または外貨定期預金の新規預入額が10万円相当額以上ある人の中から、抽選で10名に100米ドルをプレゼントする特典もある。