ネットマネー 2017年8月号より一部を特別公開!

アベノミクスの恩恵もあり、今の相場では割安・好財務株が下落したとき、ナンピン底値買いすれば確実に儲かる。しばごさんの逆張り戦法とは?

割安・好財務株を底値で買って、チビチビ儲ける

サラリーマン生活18年目で会社を辞めた専業主夫しばごさん(40代前半)。2003年に始めた中国株投資でアーリーリタイアの原資を貯めた。中国株で一番儲かったのは保険会社の「中国人寿保険」という銘柄で、2003年の上場直後に5香港ドルで2万株買い、2006年に5倍超の27香港ドルで売り抜け。ご本人は、「中国株バブルの崩壊で稼いだ資産をかなり減らしました」と謙遜するものの、この中国人寿保険だけで数百万円儲かった計算になる。

アベノミクス相場以降は、「日本株でも、チビチビ、ジワジワ資産を増やせるようになった」とか。その手法は財務が健全で、業績のわりに割安な株をストキャスティクスやMACD(ともにテクニカル指標)を使って底値買いする、徹底した逆張り戦法だ。
「SBI証券の銘柄スクリーニングで、割安性と財務健全性のスコアを8~10あたりに設定すると、割安好財務株がたくさん出てきます。あとはチャートを見て、株価が下がったら、さらに買い下がる(買い増す)つもりでエントリー。もともと割安なこともあって安心してナンピン買いできるのが、この手法の魅力かな。いきなり大きな金額ではなく、小さな金額で少しずつ買っていって、平均取得単価を下げることが重要です。今の相場では十中八九、株価が戻ってくるので損はしません。目標利回りは10%。自分ではきわめてローリスク・ローリターンな投資法だと思っています」

最近では資源安で下落した港湾輸送会社の宇徳を底値買い。今年4月に100円抜きに成功して、3000株で30万円の利益を上げている。現在保有中の株も空調・上下水道設備工事のヤマト、人工透析用液剤原料のマナック、システム会社のインフォーションクリエーティブなど、ほぼ無借金経営で自己資本比率が70%前後の非常に"地味~"な割安小型株が多い。「これから買いたい株は今年3月に上場したオークネット。中古車オークションという、おもしろいサービスを提供しています」