ネットマネー 2017年8月号より一部を特別公開!

現物+シストレの信用取引で成功中の会社員

リーマン・ショックなどの大暴落で喫した損失をアベノミクス相場の裁量取引とシストレで取り戻したアイアン鉄さん。シストレ取引の中身とは?

逆張りシストレ成功で生涯利益700万円

広島在住のIT系技術者・アイアン鉄さん(40代後半)が株を始めたのは2005年10月。しかしライブドア・ショック、リーマン・ショックに見舞われ、1000万円近い損失を喫した苦い経験を持つ。
「そんな自分を救ってくれたのがアベノミクス相場とシストレ(システムトレード)でした。2012年2月に資産600万円でシストレ投資を本格スタート。2014年にはシストレで300万円、KLabなどゲーム株は裁量取引(自分の判断で取引)で500万円儲かり、損益をプラスに大逆転。今年はシストレオンリーですが、200万円の利益が出ています」

アイアン鉄さんは、株のシステムトレード用ソフト「イザナミ」に自作の管理ソフトを付け加えて取引している。「イザナミ」は、考案したストラテジーをバックテストしたり最適分散投資配分を検証したりするプラットフォームとして有名なソフトだ。
「私も『イザナミ』を使って順張り戦略と逆張り戦略を考えました。合わせて20近くのストラテジーをを走らせています。最初は『イザナミ』用の市販のストラテジーを買って使っていましたが、まったく儲からないので自作のストラテジーに変更。基本的には1泊2日の取引しか行わず、ギャップアップ(前日の終値よりも当日の始値が高値で寄り付くこと)を狙って翌日の寄りで決済します。ストラテジーと相場が適合していないと儲からないのもシステレの特徴です。2015年ごろからは、下値で日銀のETF(上場投信)買いが入るせいか、下がった後の逆張りに優位性を感じてリバウンド狙いを重視しています」

ストラテジーは、数々のテクニカル指標を駆使してつくり上げる「命を削るような作業」だ。必死に努力してつくったからこそ、「年初にはタカタの株のストップ安で48万円も損しました。でも、シストレのルールに従ったまでですから」と言い切れる。今年4月は、取引回数85回で勝率68 %超、実現利益101万円の快勝だった。

スマホでデイトレ兼業主婦が旅工房でウン十万円プラス!

株デビュー1年半にして、デイトレ花形株のそーせいで含み益1000万円超の大儲けを体験したジョゼさん。ツイッターの盛り上がりを決め手に株ざんまいの日々を送る。

バイオ株のそーせいで培ったデイトレ力で躍進

2015年11月に株デビューしたジョゼさん。オフィスの机にスマホ2台を置いて仕事の合間にデイトレを敢行。最初はニトリHDやトヨタ自動車などの手堅い銘柄を1日数回トレードするだけだったジョゼさんをハマらせたのが花形バイオ株、そーせいグループである。
「2016年1月に株価1万7000円前後で購入したら、あれよあれよという間に上昇して1000万円近い含み益を築くことに成功しました」

 今年もそーせいの回転売買で培ったデイトレ力を生かし、約156万円の利益を獲得。
「4月後半に新規上場した旅工房は、海外旅行の際に利用したこともあるので初値近くで買って、約50万円のプラス」

同じIPO(新規株式公開)株でも3月上場のユーザーローカルはリバウンド狙いで買ったものの40 万円近く損するなど、失敗も。
「デイトレで気にするのは出来高や市場での人気。今はツイッターでにぎわっているかどうかが決め手です」

信用取引で大損経験アリの80代渡辺さんは手書きメモを駆使して2000万円

トランプ相場の恩恵を受けた日本株。パソコン音痴で、銀行・商社株しか取引しない高齢投資家で、儲けている人を発見。

あおぞら銀行など高配当銀行・商社株で挽回

介護生活を送る80歳の渡辺勇造さんはパソコンが苦手なため、手書きで売買を記録。店頭取引で高額手数料と戦いながら、これまでの株人生で1億円以上儲けた実績を持つ。しかし高齢で判断力も衰えたのか、アベノミクス相場が曲がり角を迎えた2013年6月のバーナンキ・ショックなどで1億円以上も資産を溶かした。体調を崩して入院した際に信用取引残高2億円の無謀な取引が発覚し、家族は驚愕したとか。
「株式相場はまだまだ絶好調。昨年末からのトランプ相場で2000万円近く取り返しました。利回り4%台のあおぞら銀行や3%台の丸紅など、私が好む銀行・商社・資源株は配当も高く年金生活者向き。2005年の小泉相場では老舗鉄鋼株の急上昇で大儲けしましたが、今年も銀行や商社など大型株相場が到来するはず。ますます長生きできます」