ネットマネー 2017年8月号より一部を特別公開!

ちょこちょこと数万円の利益を小刻みに積み上げてきた清水。利益が増えないとボヤいてばかりだが、今月は少しは増えたのか!?

ゴールデンウイークは休みなしでショボくれる

皆さんは、ゴールデンウイークは国内外に旅行へ行ったり、バーベキューをしたり、きっと大いにエンジョイされたんでしょう。ボクは幸か不幸か、働きづめで休みがまったくありませんでした……。

それもこれも、出版社がよくやりがちな、「下請けのライターを休み中に働かせてスケジュールを詰めよう作戦」のせい。
「ゴールデンウイーク中にもやってもらえますよね」と、あらかじめ聞かれていて、「はい、大丈夫です」と威勢よく答えている自分も悪いのだが、クライアントから「やってもらえますか?」と聞かれて、「イヤです。祝日なので」とは、末端のライターはなかなか言えない。出版社が頭を下げてお願いしますと言ってくるような有能ライターならまだしも、超普通のライターのボクはそんなことは不可能なのである。

こうしてゴールデンウイーク明け早々に設定されたいくつかの締め切りをこなすため、大型連休中は青息吐息の日々を過ごすハメになった。正直、株のことを考えている余裕はありませんでした(ちなみに、ネットマネーさんは、そういう締め切りの設定はしないので大変ありがたい)。

そんな不健全な大型連休中は、ニュース番組で大渋滞や大混雑している新幹線のニュースを見ながら「こんなときに遠出するなんてバカのやる所業だね」と八つ当たり気味に鬱憤晴らしするのが精いっぱい。横で奥さんが「こんなときに出かけたくないよね」と言ってくれたのが、せめてもの救いでした。

100円以下の株で小遣い稼ぎ作戦成功!

長期連休があると当然のことながら株式相場は動かない。この連載が始まった当初は、日々の相場のチェックが少し面倒だと思うこともあったが、習慣化されてくると、それほど負担でもない。むしろ株式相場が動いていないとつまらないと思うようになっている自分に気がついた。

この連載が始まってすでに半年がたった。時間が過ぎるのはあっという間なくせに、利益はあっという間に増えないので困ってはいるが、初めて総資産が110万円を突破した。今年の目標は132万円だから、まだまだ目標には遠いものの、ここまで大きなマイナスもなく着実に増えてきているのは、われながら上出来なような気もしている。

5月10日

カイカを700株売却

4月に55円で2000株買おうとして、700株しか買えなかったカイカだが、短期間で20円も上昇したので75円で売却した。たかだか3万8500円の投資で、1万4000円の利益が出たので個人的にはそこそこ満足しているが、株式投資のセンスがある人は、こういう株を何万株という単位で買って、儲けるのだろうと思った。

自分にはその度胸もセンスもない。でも、その自分のダメダメな部分を受け入れて、無理をせず株式投資を続けてきたからこそ、元手を減らさずに済んだのだろうとも思っている。

ちなみに、カイカの値動きを見ていても、何を理由に株価が上下しているのかはさっぱりわからない。でも、55円付近まで下がると、70~80円まで上がるというパターンを繰り返しており、そのパターンが続くという無根拠の自信がある(こういう自信が危ないような気もするけど)。

7月号のネットマネーでも1株100円以下の「ボロ株」として紹介されていた銘柄だから、怖くてあまりたくさんは買えないけれど、2000株ぐらいまでなら買ってもいいと思っている。ちょっとした小銭稼ぎにはなるような気がするから、再び55円ぐらいまで下がってきたら買い直すかもしれない。

新たな株を物色中だが気づくと大幅上昇後…

現在は、アスクル、鳥貴族、楽天の3銘柄を所有しているが、鳥貴族とアスクルは値動きがパッとしないので、もう売却しようかと検討中。

一方で新たな購入銘柄を探しているが、なかなかピンとくるものがない。半導体とか、化学とか自分とはまったく無縁の世界の銘柄は、よくわからないので積極的に手を出さないようにしている。

そういう意味では、鳥貴族は家の近くにあって安いからよく行くし、楽天でもよく買い物をしている。自分の事務所ではアスクルは使っていないが、似たようなサービスを利用しているので、なんとなくイメージがつく。

そう考えたときに、最近ランチでよく行く「いきなり!ステーキ」はいつも行列ができていることを思い出した。

そこで運営会社のペッパーフードサービスの株価を調べてみたら、年初からの株価はすでに3倍になっていた。時すでに遅しという感じだ。

昨年秋ぐらいから「いきなり!ステーキ」に多いときは週2で通っていたのに、「なんでもっと早く気づかなかったんだ」と後悔するばかりだ。

そして、もうひとつ目をつけていたのが4月後半から価格が急騰して盛り上がりを見せているビットコイン関連銘柄。ビットコイン取引所「ビットポイント」を子会社に持つリミックスポイントを注視していたが、仕事に忙殺されて目を離した隙に1カ月で株価は約2倍になっていた。

さすがに直近で2倍、3倍に上がっていると、心理的に買いづらい。

40歳を過ぎると、簡単には変われない

日本人は逆張り思考、欧米人は順張り思考といわれているみたいだけど、値上がりした銘柄を「買いづらい」と考えているボクも典型的な日本人のようだ。

正直、自分の目のつけどころは悪くない気もするのだが、目のつけどころがよくても買っていなければまったく意味がない。ここは思い切って、ペッパーフードサービス、リミックスポイントを順張り思考で買うという手もありかもしれないが、典型的な日本人のせいか、どうしても躊躇してしまう。
「何かを変えなければ、同じ失敗を繰り返すのは自明の理。失敗してもいいから次は何か少しでも変えてみてくれ。何かを変えて失敗してもそれは咎とがめない。ただ、それをせずに同じ失敗をしたら許さない」と、うちの会社の従業員に対してエラそうにそんなことを言っている「お前はどうなんだ?」と、自分に問いたい。40代半ばに差しかかると、急に何かを変えるのは難しいけど、来月は順張り思考で何かを買ってみようかな……。