ネットマネー 2017年8月号より一部を特別公開!

将来の予想だけが銘柄選びではない。株は“後出しジャンケン"のほうが圧倒的に勝てる。

第9回 保管・搬送システムで世界首位級。業績良好のダイフクに注目

ネット販売旺盛でダイフクに出番到来!

仁美 先生、ビットコインってご存じですか?
北浜 ボクにそんなこと聞くの?(笑)。知ってますとも。最も売買が多い仮想通貨だよ。しかも、日本人がシステムを考えたんだ。
仁美 え~っ、そうなんですか。知らなかった。
北浜 中本哲史っていう人だけど、そのビットコインがどうしたの?
仁美 私が働いているお店に来るお客さまが、ビットコインで大儲けしたんですって。株なんかやってる場合じゃないって言われちゃった(笑)。
北浜 確かにビットコイン市場はゴールデンウイーク前に比べると大化けしたからなあ。うまく売買できた人は大儲けしただろうね。でも、株式投資に話を戻そう。この対談は株式投資について話し合うのが目的だからね。
仁美 そうでした。で、株ですけど、トランプリスク、ますます大きくなる感じですけど大丈夫でしょうか?
北浜 正直わからない。今は娘婿のクシュナー氏を、ロシアと密約を交わそうとしたとしてFBI(連邦捜査局)が捜査するとかしないとか騒いでいるからね。
仁美 本当にそんなことをするんでしょうか?
北浜 わからない。トランプ大統領嫌いのFBIが、大統領追い落としのために仕組んだ疑惑かもしれないしね。
仁美 もしトランプ大統領が失脚なんてことになったら、どうなるんでしょうか?
北浜 株はかなり下げるだろうね。だから、あまり大統領をいじめないでほしいね。北朝鮮リスクも引き続き市場の圧迫要因となっているしね。
仁美 それもありますね。
北浜 ただ、それらに神経質になりすぎると投資はうまくいかない。これらのリスクを乗り越えるには、やはり企業の収益力に期待することだね。
仁美 そんな銘柄があるなら教えてくださいよ。
北浜 ダイフクが有望だ。
仁美 ダイフクって、食べる大福じゃないですよね。
北浜 自動倉庫や荷物の保管・搬送システムに強い会社だよ。国内ではトップ。世界でも首位級なんだ。 仁美 それのどこがいいんでしょうか?
北浜 今はネット販売が盛んで、荷物の配達に支障が出るほど。それをサポートするのがダイフクになる。
仁美 それは魅力的ですね!