ネットマネー 2017年8月号より一部を特別公開!

株や投信をはじめ、安全系の資産運用に役立つ商品対決などマネーに関するお役立ち情報が満載。
株の手数料や銀行の金利、今月のお得な保険など投資家が気になる詳細データも網羅。
要チェック!

STATION1 今月の特急株

教えてくれたのは
藤原アセットプランニング合同会社
藤原久敏さん HISATOSHI FUJIWARA

優待拡充が魅力。デフレ銘柄の雄

日経平均株価は大台の2万円を超えてきました。現在は個別の材料株や業績好調企業などに、ピンポイントで資金が集まっています。

今回取り上げたいのは外食のすかいらーく。同社は、ガストを中心に多くの店舗を展開するファミレスの最大手です。いまだに脱デフレへの道筋が見えない現在の状況は、低価格帯で勝負する外食産業にとっては大きな追い風でしょう。

優待銘柄としても有名ですが、今年2月、株主優待が拡充され、従来の食事券1000円分から3倍の3000円分となりました(年2回、100株保有の場合)。これは株主に対する還元の姿勢、そして商品に対する自信の表れと評価できます。そして、これは今後の株価の下支えとなることでしょう。

群雄割拠の外食産業において、その高い知名度は大きな武器となり、また、先行きが読みづらい国際情勢や為替動向の影響が少ない点は大きな安心材料です。

この1年で株価は1・5倍となり、割高感が漂うも、2%を超える配当利回りは魅力。1500円台まで下がった段階での購入を検討し、優待や配当を目的にじっくり持ち続けたいところです。

STATION2 今月の快速投信

教えてくれたのは
ワーク・ワークス
中村 宏さん HIROSHI NAKAMURA

初心者にもわかりやすい低コストの日本株投信

「ニッセイJPX日経400インデックスファンド」は、日本株のみを投資対象にしており、日本の景気や物価、産業の動きなどを反映した値動きをする特徴があります。

そのため、値動きの理由を、日常の生活や仕事、あるいは新聞やテレビなどのニュースから見つけやすく、初心者が実践を通して投資に関する理解を深めたり、知識を得たりするのに適しています。

逆に言うと、それらの身の回りの情報は購入や売却のきっかけにすることができます

投資銘柄が「JPX日経インデックス400」という株価指数の構成銘柄であることも、初心者には安心できるでしょう。この指数は、日本取引所グループや日本経済新聞社などが日本の株式市場の中から投資家にとって魅力の高い約400社を選定して算出するもので、比較的優良な銘柄ばかりで構成されています。

また、このファンドは購入時手数料がかからず、信託報酬が0・22%(税込み)と最低水準のコストになっています。そのため、効率的に運用できることも大きな特色です。