ネットマネー 2017年9月号より一部を特別公開!

円定期のみよりも圧倒的にお得な円+米ドル定期

ソニー銀行では、満期(6カ月)まで保有した円定期預金と、円から預け入れた米ドル定期預金それぞれの合計金額のうち、預入金額の低いほうの定期預金の金額を上限にして、年1%(税引き前)で6カ月間(183日間)預け入れた場合の金利相当額の現金をプレゼントするキャンペーンを実施中だ(税引き後0・796%相当)。100万円を円定期預金に預けた場合、特別金利の利息(6カ月物/年0・15%。税引き前)は約750円がもらえる。

対して、円定期50万円+米ドル定期50万円で本キャンペーンに申し込むと、現金プレゼント約2500円と、特別金利の利息(6カ月物/年0・15%。税引き前)約375円で、合計約2875円となる。さらに米ドル定期預金の6カ月分の金利もつく。

キャンペーンの詳細は、ホームページをチェックしよう!

住信SBIネット銀行が「外貨積立」の為替コストを改定

米ドル、豪ドルの為替コストを大幅ダウン!

住信SBIネット銀行では、米ドル、豪ドルの「外貨積立」時の為替コスト(買い付け時・片道)を、以前の米ドル15・0銭、豪ドル30・0銭からそれぞれ5・0銭に引き下げた。

一般的に、豪ドルは金利が比較的高く長期の積立向きだとされている。ただし、売却時の為替コストは外貨普通預金と同様であることには注意したい。

しかし、今回の改定により安価かつ気軽に「外貨積立」を利用することができ、資産運用の幅をより広げることが可能となった。この機会に、あなたも外貨積立を始めてみてはいかがだろう。