ネットマネー 2017年10月号より一部を特別公開!

最新株テーマ⑥ 5G

現4Gの数十倍の処理能力。動く画像は速く、音は信じられないほど鮮明に

第5世代移動通信システム 通信規格が4Gから5Gに進化すると、データ送受信の高速化だけでなく多接続、データ遅延解消が実現する。

今さら聞けない「ふぁいぶじー(ごじー)」って何ですか??

5Gはスマホの通信規格のこと。Gはジェネレーション(世代)のG。現在の主流となっている4G(第4世代)をさらに性能アップしたものだ。5Gで大容量データを超高速で送れるようになる。実証実験も行なわれ、NTTドコモは東京都内での2020年のサービス提供開始を目指して準備を進めている。

スマホで音楽を聴いたり動画を見たりする分には、4Gでもさほど問題ない。しかし動画の高画質化が止まらないほか、IoTの普及によるインターネット接続数が爆発的に増加する日が確実にやって来る。

このため、大容量データの高速送受信だけでなく、多接続に耐えられ、しかもデータが遅延しない通信規格が必要になる。それが5Gだ。

ドコモにKDDI、ソフトバンクを加えた携帯3社は、2023年までに5G通信網を全国に展開する計画だ。基地局の新設や各種通信機器の刷新など必要な設備投資は幅広く、ケータイ3社で5兆円規模の資金投下が必要になるという。

スマホがさらに速くなるとどの会社が儲かるのか?

5G化で半導体需要、アンテナ設置も急増

スマホなど移動体通信の次世代規格「5G」について熱く語る新田ヒカルさん。NTT出身で情報通信分野に明るいだけあって、5G化後の未来図が手に取るようにわかるようだ。新田さんのイチ押し銘柄はソフトバンクグループ。

「ソフトバンクはIoT時代を見据えて、英国半導体設計会社のアーム社を買収しました。売上高は2000億円程度ですが、3兆3000億円を投じたのです」

新田さんはソフトバンクの勝算をこう解説する。

「半導体では世界首位の米国インテル製のCPU(中央演算処理装置)は文句なしの処理速度です。一方、これからエアコンやテレビにもCPUが入り、ネット回線に接続する時代になります。炊飯器のCPUに求められるのは超高速演算能力でなく、安さや省電力です。そして、アームが強いのは安価でシンプルな半導体。設計専門会社のアームには半導体1個当たり10円入ってくるとして、世界にCPUが1兆個あれば、10兆円のビジネスチャンスになります。IoT時代においては夢物語に終わりません」

このほかの個別株では「通信工事業者の協和エクシオがオススメです。5Gではアンテナがたくさん必要になりますから」

最新株テーマ⑦ 有機EL

バックライト不要=より薄く、省電力、黒は美しく…

テレビやスマホで液晶を駆逐する勢いの有機EL。素材と製造装置メーカーに投資チャンスあり。

今さら聞けない「ゆうきいーえる」って何ですか??

「電圧をかけると自分で発光する化合物を集めたのが有機ELです」と、クリアリーフ総研の高橋さんは手短にまとめてくれた。電極からエネルギーを受け取ると有機ELは自分で発光するので、バックライトで照らす必要がない。このため、消費電力が少なくて済む。薄くて曲げられる特徴もある。利用者目線では、基本色である「黒が抜群に美しい」(高橋さん)。さらに斜めから見てもきれいで画像処理も速い、大型液晶画面にありがちな残像も少ないなど、長所は数多い。

有機ELパネル製品は20年以上前から存在したが、量産とは程遠い時期が長かった。

しかし、今年は東芝、ソニー、パナソニックの3社がそろって有機ELテレビを発売し、「有機ELテレビ元年」となった。家電量販店の店頭でも有機ELテレビはまだまだ値が張るが、高橋さんは「今後は、東京五輪に向けての急速な普及とともに低価格化が予想されます」と見ている。

有機ELテレビのほかにも、スマホやディプレー、照明器具など幅広い用途が広がっている。

結局、どこが液晶と違う?どの用途で成長する?

テレビ買い替え期へ。素材と製造装置が〇

「家電量販店のデータを見ると、高画質の4Kテレビが売れ始めています」。電機業界に精通したジャーナリストの高橋潤一郎さんは、消費者の高画質志向を指摘する。4Kとは画素数の“規格"のことで、従来機の4倍。見た目で違いがわかるほど美しい画面を楽しめるという。現状は液晶テレビに4Kモニターを搭載したものが主流だが、高画質テレビの本命は有機ELテレビである。

最近まで、テレビはほぼすべてが、液晶だった。しかし今年、東芝、ソニー、パナソニックの3社が有機ELテレビを発売している。勝算はあるのか。

高橋さんは、2020年夏の東京五輪にかけて、テレビの販売ラッシュを予想する。「2011年のアナログ地上波停止に伴う地上デジタルテレビへの買い替えラッシュがありました。東京五輪のころは次の買い替え期ですし、これまで五輪のたびにテレビが売れてきたので、東京五輪に向けても期待できますよ。有機ELの画質のよさは液晶とは比べものになりません。現状では有機ELは液晶より高額ですが、テレビの価格は急速に低下していくものです。両方を見比べて価格が同じなら、断然、有機ELでしょう」

スマホも有力な用途先で、「デザイン面の改良余地が少ないテレビと違って、“薄くて省電力"はスマホの強力なセールスポイントになります」。

投資対象として高橋さんは船井電機に注目する。

「来年、リーズナブルな価格の有機ELテレビを売り出すそうです。激安液晶テレビで大成功した企業なので、今回も期待できます」

また、「素材は日本企業が強い分野。最近、設備投資した企業では、DIC、出光興産、大日本印刷がおもしろそうです」。

最も目を引くのは製造装置の平田機工だという。

「有機ELと電気自動車関連の2分野をエンジンに躍進が顕著で、前期は売上高を50%超伸ばしました。熊本地震の後、復興支援で本社を東京から熊本へ移すなど社会貢献にも熱心で、応援しやすい銘柄です」

最新株テーマ⑧ ソーシャルゲーム

当たるとデカすぎる、株価の爆発度はどんなテーマより上!

当たれば大きいという点では他業種の追随を許さない。大化け候補と目されればストップ高へ。

今さら聞けない「そーしゃるげーむ」って何ですか??

「ミクシィ」や「グリー」、「モバゲー」などSNSのIDとパスワードでログインして遊ぶソーシャルゲームが登場したのは2010年前後。2012年ごろは「パズル&ドラゴンズ」や「モンスターストライク」が大流行した。これらはスマホにダウンロードして遊ぶゲームでSNSとは関係ないが、ゲーム利用者も株式市場関係者も「ソーシャルゲーム」と呼ぶ。

ゲームを有利に進められる武器など有料アイテムも購入できる。そしてゲーム運営元の業績は、有料アイテムの売れ行き次第で激変する。

有料アイテムの販売が伸びても原材料費は増えないため、増収分はそのまま利益になる。ゲーム会社はヒット作が出れば急激な増益となりやすいので、ヒット作誕生を投資家に予見させるわずかな情報だけで、株価はしばしば爆騰する。

パズドラ、モンスト級の大ヒットゲームは本当に出るのか?

売上高1ケタ増企業、まだまだ出てくる

「リリースした企業の売上高のケタ数を2つ増やした『モンスターストライク』や『パズル&ドラゴンズ』はもう生まれないかもしれません。ただし、売上高のケタを1つ増やす企業なら出てくるはずです」

株式コメンテーターでゲーム市場にも詳しい岡村友哉さんは、躍進企業の出現を予想している。

ゲーム業界は「当たれば大きい」の典型。ガンホー・オンライン・エンターテイメントが『パズドラ』を流行させ、株価は2012年5月からの1年間で114倍に爆騰するなど、大化けした事例は数多い。

このため、「投資家は日々、大化け候補銘柄を血眼になって探しています。enishが『欅のキセキ』というゲームを出すとアナウンスしました。秋元康氏プロデュースの欅坂46の公式ゲームアプリです。2017年内配信の予告動画が出ただけなのに、株価は急騰しました。ゲーム株に寄せる投資家の期待は大きいです」。

ゲーム業界の勢力図には、IT環境の変化も大きく影響する。サイト構築に使う新プログラミング言語「HTML5」の登場で、パソコンで遊ぶブラウザーゲームにユーザーが回帰している。

「動画や音声の処理が簡単なので、ゲームの作り手にとって表現の幅が広がり、目の肥えたユーザーにも受けています。ヤフーが7月18日にHTML5に対応の『Yahoo!ゲーム ゲームプラス』を開設し、さっそく大人気です」(岡村さん)

ゲーム会社ではないが、広くゲーム産業を盛り上げる企業がGameWith。国内最大のゲームアプリサイトを運営している会社だ。

「人気ゲームの情報交換や攻略情報入手の拠点、ユーザー同士の交流場所としてアクセスを増やしています」

お宝IPOを狙うならライブスター証券は外せない!

口座残高ゼロ円でも申し込める!
公開価格で買えれば、高い確率で利益を得ることができるIPO。そんなIPO投資の限界にライブスター証券が挑戦しているという。

勝率9割超。誰もが欲しがるプラチナチケット

日経平均株価が2万円近辺で足踏みする中、IPO(新規公開株)市場が活況を呈している。今年はこれまで42社が東証で新規上場(8月4日現在)し、38社が初値で公開価格を上回った。勝率にして約90%。なかには、3月30日に上場したユーザーローカルのように、公開価格2940円に対し、初値(3月31日)が1万2500円、単元株の100株投資で95万6000円(手数料・税金除く)の利益を投資家にもたらした銘柄も登場している。

IPOを公開価格で手に入れることができれば、これまでの実績ではほとんどの場合、上場初日に利益をゲットできただけに、まさに「プラチナチケット」と呼んでいいだろう。

ただし、このチケット、そう簡単には手に入れることができない。公開価格で購入するためには、IPOを取り扱っている証券会社の抽選に申し込む必要があり、当選のハードルはかなり高い。

「とにかく、IPOをゲットするためには、複数の証券会社に口座を開設し、根気よく申し込むことが大切。なかでも、IPOに当選しやすい証券会社は外せません」と話すのは、IPOを中心に投資を行なっている株ブロガー。

ライブスター証券ならIPOの前受金は不要

では、数ある証券会社で、いま狙い目はどこか? 現在、ネット証券はIPOの抽選に対してさまざまな試みを行なっているが、新たなチャレンジで注目を浴びているのがライブスター証券だ。

「ほとんどの証券会社では、IPOを申し込む際に購入金額をあらかじめ口座に用意しておく『完全前受金』となっています。一方、ライブスター証券では、『前受金不要』を導入しているため、極端な話、口座残高がゼロ円でも、とりあえず抽選に申し込むことができるのです」と、ライブスター証券の担当者。

これまで、資金が限られている個人投資家の多くは、投資資金を用意して当たるかどうかわからないIPOに申し込んでいた。しかし、ライブスター証券を利用すれば、とりあえずIPOに申し込み、当選した場合のみ資金を用意すればいいので、投資に対する資金効率が格段によくなる。

32ページの図は、実際にライブスター証券で取り扱ったGameWith(6552)の上場初日までの流れを検証したものだ。同銘柄のIPOに当選した場合、上場初日の初値売りで25万7000円の利益(手数料・税金除く)を手に入れられたことになる。

同銘柄の場合、上場初日に高値をつけ、その後は調整に入っているため、初値売りが成功した代表例でもある。もちろん、上場後も堅調に値を飛ばす銘柄も多いが、株式投資は売り場が難しい。そういった意味では、初値で利益を確定させる方法もIPOの投資手法の1つといえる。

株初心者も大口投資家も当たる確率は平等

さて、そんな魅力的なIPOだけに、資金量の豊富な顧客を優先的にIPOに割り当てる証券会社も少なくないとか。ここでもライブスター証券は、機械的にランダムに選び出す「完全平等抽選」を導入しているため、資金量の少ない投資家が連続して当選する可能性もある。

また、IPOの場合、購入手数料無料はどこの証券会社でも共通だが、ライブスター証券では新規口座開設者に手数料無料キャンペーン(左のコラム参照)を行なっており、これを利用すれば売却時の手数料も無料となる。

さらに、ライブスター証券は、手数料が安い証券会社として知られている(みんなの株式・ネット証券ランキング・手数料部門4年連続1位)。株はどの証券会社で買っても同じ。手数料は安いに越したことはない。ライブスター証券に口座を開設するとメリットが多そうだ。