ネットマネー 2017年10月号より一部を特別公開!

7月19日に関東などの梅雨明けが発表され、夏本番に。清水の保有銘柄の値動きは、梅雨前線のように停滞なのか、梅雨明けなのか。

急いで儲けたいけど、才能がないから我慢

最近、ヤフーで検索すると、「素人だったボクがわずか1年で〇〇〇〇万円儲かりました」みたいな広告がよく表示される。いわゆる情報商材というやつだと思うが、それで数千万円儲かるのなら、そんなにラクなことはない。すべてがインチキではないと思うけど、ボクは「そんなに簡単に儲けられるわけがない」と、そのバナーをクリックすることはない。

投資はスポーツに似ていると思う。才能がなければ、いくら頑張ってもイチローになれるわけはないし、同じ努力なら、才能がある人にはかなわない。もちろん努力をすれば、凡人でも少しぐらいは上手になると思うけど、その努力ができるか、できないかも才能。イチローは人並み外れた努力をしているから、凡人は一生かかっても追いつけるわけがない。その結果、ボクとイチローは同じ年なのに、その差は残酷なまでに広がってしまった。

これまで株式投資やFXで大儲けしている人に何人も会ったが、共通していたのは他人から見ると人並み以上の努力と思えることを努力とも思わずにやっていたことだ。

ボクは、やらなければならないことがあっても、誰かに誘われればすぐに飲みに行ってしまうし、週末を1日中ゴロゴロして、「あーあ、また1日を無駄にしてしまった!」といつも後悔しているのに、翌週もまったく同じ理由で後悔する。

われながら嫌になるが、せめてもの救いは、自分に天賦の才がないことを知っていることだと思う。

株式で失敗する人は凡人のくせに天才と同じだけの儲けを目指したりするから、おかしなことになるんだと思う。

そんなことを言いつつ、「〇〇〇〇万円儲かりました」の広告をクリックしたい気持ちが少しはある。あれって、本当に儲かるんですかね?

誰か教えてください。

7月6日アスクル、突如急騰する

7月4日の決算発表で2018年5月期の営業利益予想は2月の倉庫火災の影響もあり60・5%減となったが、それはすでに織り込み済みで、翌日の株価は大幅に上昇した。そして、6日には後場が始まると同時に、突如6%超の上昇となった。

なぜ株価が急騰したのかはわからなかったが、何かが起こったことだけはわかった。結局、急騰してから20分後に「セブン&アイ・ホールディングスとネット通販事業の強化で提携する方針を固めた」というニュースがその原因とわかったが、こういうニュースに即座に反応できるのはいったいどんな人なのだろう。ボクのような素人は、株価が動く瞬間、株価に影響を与えるニュースをどうすれば知ることができるのだろうと、不思議で仕方がないんですけど。

7月20日東急リアル・エステートを1口購入

この日、J -REITの東急リアル・エステートを1口購入した。分配金利回りは3・97%と、J -REITとしては平均的だが、1月・7月決算のため、すぐに分配金がもらえる。そのうえ、この銘柄を買おうとしていた時点で手持ち資金は約21万円だったが、この銘柄は予算内、かつ今年に入ってから続いていた下落傾向に歯止めがかかったように見えたので買うことにした。

この銘柄の購入により、この連載で初めて保有銘柄の時価総額が100万円を超えた。

7月21日カイカを1500株購入

この連載が始まり、2回ほど購入して利益を出したカイカが再び55円を割り込んだ。そこで53円まで下がったところで1500株を購入。これで手持ちの資金はほぼなくなり、口座に入っている資金は、約1500円を残して株式になった。

ちなみにカイカを買った理由は、「55円を切ると下値余地が小さく、たぶん上がるだろう」という根拠薄弱なもの。それでも、この連載で2回ほど利益を出しているので、失敗するまでは55円を割ったら「買い」、少し値上がりしたら「売り」のパターンを続けようと思う。

低位株は1円の上昇でも上昇すれば上昇率が高いので、何かの拍子に急騰すれば予想外のリターンも期待できる。といっても、この銘柄でドカンと勝負するほどの度胸はないので、上昇率が高くても、大した額は儲からないのだけど……。突然、この株が注目を集め、10倍とかになってくれないだろうか。

9月は暴落が多いと聞いて少しビビる

ところで7月下旬に、ある某有名株ブロガーさんと話す機会があった。その人は、「9月から10月は相場が暴落することが多いから、少し警戒しています」という。

古くは世界大恐慌の引き金となった「ブラックサーズデイ」(1929年10月)、ボクが生まれてからも「ブラックマンデー」(1987年10月)、米国同時多発テロ(2001年9月)、リーマン・ショック(2008年9月)など、歴史に残る世界的な大暴落は、確かに9月、10月に多い。

これまで高い支持率を維持してきた安倍政権が加計学園や森友学園の問題などで支持率が急落し、危うい雰囲気が漂ってきた。もし安倍政権が崩壊したら円高・株安になる、という記事も見た。

現状の日経平均株価は、1万9000円を割り込むでもなく、だからといって2万1000円を超えもしない膠着状態だ。これ以上、上がらないような気もしているので、だんだん暴落を警戒する気持ちが強くなっている。現金ポジションがほぼゼロなのはちょっと不安だから、来月からは少しずつ利益確定したい。でも、どれも大した利益が出ていないのが悩みの種です。