三井住友銀行カードローンには専用のスマートフォンアプリがあるのをご存じでしょうか。パソコンを持っていない場合や、電話申し込みの対応時間外、店頭での口座開設ができない場合でも、アプリを使って、いつでも口座開設や利用申し込みが可能です。

三井住友銀行のカードローンアプリには、スマートフォンアプリ特有の便利な機能が付いているため、カードローンを利用する場合にはぜひインストールすることをおすすめします。

この記事では、三井住友銀行が提供するスマートフォンアプリの特徴や登録方法、使い方について解説していきす。

三井住友銀行カードローンには専用アプリがある

三井住友,ローン,即日,融資
(画像=PIXTA)

三井住友銀行のカードローンサービスには専用アプリの「カードローンアプリ」があります。三井住友銀行はアプリ開発に力を入れており、スマートフォンユーザーにとって利用しやすい環境を提供しています。

サービスの内容によって「三井住友銀行」「口座開設」「住宅ローン審査申込」など専用のアプリを用意しており、利用目的に合わせてインストールして利用できます。

三井住友銀行カードローンのスマートフォンアプリは「カードローンアプリ」と呼ばれており、この記事でも同じ名称を使用して説明します。

インターネット申し込みとアプリ利用の違い

三井住友銀行のカードローンを申し込む場合、パソコンやスマートフォンからインターネッで申し込むのと、スマートフォンアプリを利用する2種類の申し込み方法があります。どちらも必要事項を入力し、本人確認書類を提出したうえで審査を受けるため、手続き上の大きな違いはありません。

三井住友銀行カードローンアプリの特徴

スマートフォンから三井住友銀行カードローンを利用する場合、インターネットからアクセスするよりもカードローンアプリをインストールして利用するほうが利便性が高いと言えます。ここでは、カードローンアプリの特徴について紹介していきましょう。

・アプリから本人確認書類の登録が可能

カードローンアプリでは、インターネットからの申し込みと同じように、アプリから本人確認書類の登録が可能です。インターネットで申し込んだ場合、メールで本人確認書類の登録用URLが送られてくるため、メールソフトを開く手間がかかります。

一方、アプリの場合は申し込み手続きがアプリ上で完結できるように設定されており、本人確認書類の登録もアプリから可能です。パソコン操作が苦手な人は、アプリを利用したほうがスムーズに申し込みができるでしょう。

・返済シミュレーションが可能

カードローンアプリには返済シミュレーション機能が搭載されています。返済シミュレーションとは、月々の返済額や返済期間など、ローンを返済するにあたって把握しておくべき金額や期間をすぐにシミュレートできるものです。

カードローンの利用において最も大切なことは、月々の返済を確実に行うことです。返済を怠ってしまうと信用情報に傷がついてしまい、ほかのローンを申し込んだ場合に審査に通らなくなる可能性があります。必ず借り入れ前に返済額をシミュレートしておき、無理のない範囲で借り入れましょう。

・引き出し可能な店舗やATMを検索可能

三井住友銀行のカードローンは、利用時に口座振り込みだけでなく提携ATMで融資を受けることも可能です。しかしどのATMが三井住友銀行カードローンと提携してるかを把握するのは簡単ではありません。日常の生活圏内であれば、提携ATMをあらかじめ把握しておけばよいのですが、買い物や旅行、仕事の出先などでカードローンの利用が必要となった場合、提携ATMを探す手間がかかります。

カードローンアプリを使えば、位置情報と連動して現在地の近くにある店舗やATMを検索できるため、知らない場所に出かけた際も迷うことなく提携ATMを見つけられます。

三井住友銀行カードローンアプリを使うメリット

カードローンアプリには、スマートフォンなどの端末から直接利用申し込みができる、位置情報で提携ATMがすぐに検索できるなど、便利な機能が搭載されています。このほかに、どんなメリットがあるかを紹介していきましょう。

・来店不要で必要書類がアプリで提出可能

カードローンアプリを利用すると、店舗に出向いて申し込む必要がありません。近隣に三井住友銀行の店舗やカードローン契約機が設置されていない場合でも、アプリを使うことでいつでもどこでも口座開設や利用申し込みができます。

また、必要書類の提出をカードローンアプリで完結できるため、スマートフォンなどの端末が1台あれば手続きがすべて完了します。

パソコンを使ったインターネット申し込みの場合、確認書類をデジタルカメラなどで撮影するか、スキャナーでパソコンに取り込んでから提出する必要があるため、若干の手間が発生します。パソコン操作が苦手な人や、デジタルカメラやスキャナーなどの機器がない場合は確認書類の提出が滞ってしまうため、カードローンアプリを使って手間なく必要書類を提出しましょう。

・アプリがあれば毎回ログインする必要がない

パソコンなどを使って三井住友銀行カードローンを利用する場合、セキュリティー確保のために毎回ログイン情報を入力する必要があります。カードローンはその性質上頻繁にアクセスするものではないため、たまにログインしようとしたときにIDやパスワードを忘れてしまうと、ログインできないこともあるでしょう。

一方、カードローンアプリであれば、機種によっては生体認証による自動ログインに対応しているので、毎回ログイン情報を入力することなくログインが可能です。いちいちIDやパスワードを覚えておく必要がないので、いざ利用しようと考えたときにストレスなくログインできる点はメリットと言えるでしょう。

三井住友銀行カードローンアプリのインストール方法

スマートフォンに三井住友銀行カードローンのアプリをインストールする場合、どうやって進めていけばよいでしょうか。ここでは、OSごとのインストール方法を紹介していきます。

<Androidの場合>
● スマートフォンから「Google Play」にアクセス
● 「検索バー」で「三井住友銀行のカードローン」を検索
● 検索結果の中から「三井住友銀行のカードローン」にアクセス
● アプリの説明欄にある「インストール」をタップしてインストール

<iOSの場合>
● スマートフォンから「App Store」にアクセス
● 「検索バー」で「三井住友銀行のカードローン」を検索
● 「三井住友銀行のカードローン」にアクセス
● アプリの説明欄にある「入手」をタップしてインストール

三井住友銀行カードローンアプリの登録方法

スマートフォンに三井住友銀行カードローンアプリをインストールしたら、アプリのアイコンをタップして起動します。アプリには、三井住友銀行の口座を持っている人と持っていない人向けのボタンがあるので、初めて利用登録する人は「口座をお持ちでない方のお申込はこちら」をタップしましょう。

次の画面で「確認事項の同意」を求められるので、「同意する」をタップします。同意後は「お申込方法の選択」に進みます。ここでは、利用限度額30万円で少ない入力項目で申し込みが可能な「かんたんお申込」か、最大800万円まで申し込み可能な「通常お申込」のどちらかをタップします。

続いて、申し込み画面に氏名や連絡先、家族状況や勤務先、年収に関する情報、融資希望額などを入力します。

入力が終わったら確認画面に移動し、入力内容に問題がなければ申し込みを行います。これでカードローンアプリからの登録は完了です。

三井住友銀行カードローンアプリの対応端末

三井住友銀行カードローンアプリはAndroidとiPhoneの端末に対応しています。Androidを利用している場合は「Android OS 4.3」以降のOSがインストールされている端末で利用可能です。一方、iPhoneの場合は「iOS 9」以降がインストールされている端末で利用可能です。

インストールされているOSを確認するには、Android端末の場合ホーム画面で「メニューアイコン」をタップし、続いて「設定」をタップします。その次の画面に出てくる「端末情報」をタップすると、インストールされているOSのバージョンが表示され、バージョンの数字が「4.3」より大きい数字であれば対応しています。

iOSのバージョンを確認する場合は、「設定」アイコンをタップします。次の画面に表示される「一般」をタップし、「ソフトウェア・アップデート」をタップするとバージョンが確認できます。「iOS」の横に表示されている数字が「9」より多ければ対応しています。

・タブレットの利用は可能?

三井住友銀行のカードローンアプリは、AndroidやiOSを搭載しているタブレット端末にもインストール可能です。公式にはタブレット端末での利用を推奨していないため、タブレットからアプリにアクセスすると正常に動作しない可能性があり注意が必要です。タブレットでの利用は非常時のみと考えて、通常はスマートフォンからのアクセスをおすすめします。

・スマートフォンやタブレットがない場合は?

スマートフォンやタブレットなど、AndroidやiOSが搭載された端末を持っていない場合には、三井住友銀行のカードローンアプリは利用できません。店頭のローン契約機や電話での利用申し込みか、パソコンからの申し込みを検討しましょう。

三井住友銀行カードローンアプリが起動しない場合は?

機種やOSのバージョンによっては三井住友銀行カードローンアプリが正常に起動しない可能性があります。いったんアプリを削除して再度インストールしてみましょう。それでもアプリが起動しない場合は、インターネットから手続きを行うことをおすすめします。

機種変更してもローンアプリは使える?

機種変更をしても、スマートフォン端末の情報をパソコンなどにバックアップしている場合や、機種変更前の端末から機種変更後の端末に情報を移動している場合には、引き続きカードローンアプリが利用可能です。

携帯キャリアの変更などによって新規機種を利用する場合は、改めてアプリをインストールし、IDとパスワードを入力してログインに成功すれば、それまでの情報を引き継いでアプリを利用できます。

三井住友銀行カードローンアプリを入手して活用しよう

今やスマートフォンは私たちの生活に欠かせない存在となりました。三井住友銀行カードローンも、カードローンアプリを利用すればスマートフォン1台で利用申し込みから口座開設まで完結します。

カードローンアプリでは、書類提出や返済シミュレーションを行うことができ、位置情報を利用して近くにある店舗やATMを検索することも可能なため、外出先でカードローンを利用する場合にも役立ちます。三井住友銀行のカードローンを利用する場合、インストールしておくと、きっと役に立つでしょう。