すでにカードローン利用している人で、急な出費が必要になった場合、新たにほかの金融機関でローンの契約をするか、契約中のカードローンの利用枠を増額するか、いずれかになるでしょう。その際は増額と新規契約のどちらが有利なのでしょうか。この記事では福岡銀行のカードローンを例にカードローンの増額について解説します。

福岡銀行カードローンとは?

福岡,ローン,増額
(画像=PIXTA)

まずは福岡銀行カードローンの概要を見ていきましょう。福岡銀行カードローンは他金融機関のカードローン同様、担保や保証人は不要で、使途も問わないフリーローンです。

金利は借入金額によって変動するタイプで、年3.0~14.5%。いわゆる消費者金融系カードローンよりも金利が低いことが特徴です。

・申し込みはネットから

福岡銀行カードローンは窓口や電話、郵送でも申し込み可能ですが、大きなメリットはインターネットから申し込めることでしょう。必要書類は写真に撮影してアップロードすることで提出できます。

審査に通過したら、契約書に記名押印をして郵送すれば契約は完了です。窓口に行く時間が取れない人にも便利でしょう。

・福岡銀行の口座がなくても申し込める

多くの銀行カードローンは、その銀行に口座を持っていないと申し込めませんが、福岡銀行カードローンは、福岡銀行に口座を持っていなくても申し込むことができます。ただし、福岡銀行に口座がない場合、返済方法として口座引き落としを指定することができません。返済方法は毎月返済日に直接振り込みを行う直接入金になります。

返済日に毎月振り込むのが面倒な人は、初めに福岡銀行に口座を開設し、その口座から引き落とされるようにするとよいでしょう。

・増額の申し込みも可能

福岡銀行カードローンは増額申し込みも可能です。増額の申し込みには審査があるので、必要書類を用意しておきましょう。

増額申し込みについてはのちに詳しく解説しますが、福岡銀行のカードローンを利用している人なら誰でも可能です。福岡銀行カードローンの融資可能額は最大1000万円ですが、無条件で上限金額が上がるわけではないので注意しましょう。

新規契約と増額はどちらがおすすめ?

カードローンの利用金額を増額するのと、ほかの金融機関で新規契約を結ぶのではどちらがおすすめなのでしょうか。福岡銀行カードローンを利用していることを想定して検証していきます。

・増額も新規契約も審査が行われる

借りやすさという点においては、増額も新規契約も同じように審査が行われるので、どちらも変わらないと言えます。

・金利面では増額のほうが有利

一般的な金融機関のフリーローンは、金利が年18%前後であるケースがほとんどです。これに比べて、福岡銀行カードローンは最大でも年14.5%なので、単純に金利面で増額のほうが有利でしょう。

また、福岡銀行カードローンは、融資額によって金利が変動します。融資金額が50万円以下であれば、金利は最大の年14.5%ですが、融資枠を増額して50万円を超えると、金利は年12.0%以下となります。

仮に福岡銀行カードローンで60万円を借り入れた場合と、福岡銀行カードローンで30万円、ほかの金融機関(金利年18.0%)で30万円の合計60万円を借り入れた場合の利息や返済総額などを比較してみましょう。

   福岡銀行

 カードローンで

 60万円借り入れ
 福岡銀行

 カードローンで

 30万円借り入れ
 他社カードローンで

 30万円借り入れ
 金利(実質年率)  12.0%  14.5%  18.0%
 最初の1ヵ月の利息  5918円  3575円  4438円
 (2社合計)8013円
 完済までの返済回数  36回

 (毎月2万円返済)
 38回

 (毎月1万円返済)
 40回

 (毎月1万円返済)
 返済総額  71万4908円  37万3465円  39万9489円
 (2社合計)77万3954円

毎月2万円ずつ返済すると計算しても、2社から借りると返済総額は6万円ほど多くなります。これを見ても、福岡銀行カードローンで増額を行ったほうが随分と有利になることが分かるでしょう。

・返済の管理が楽になる

借り入れたお金は毎月返済を行う必要があります。2社への返済となると、毎月の返済管理も面倒になります。

借り入れている金融機関が1社であれば、返済管理は楽になります。しかも福岡銀行カードローンなら、口座引き落としを指定できるので、口座残高さえ確保しておけば、返済日に自動的に返済金額が引き落とされます。

福岡銀行に増額を申し込む手順

福岡銀行カードローンを利用している人は、複数の金融機関から借り入れるより、福岡銀行に増額の申し込みをしたほうが金利面でも、返済の手間の面でも有利になります。

ここで福岡銀行に増額の申し込みをする方法についてまとめておきましょう。

・電話で申し込む

福岡銀行カードローンで増額をしたい場合は電話で申し込みます。連絡先は「福岡銀行カードローンプラザ」です。受付時間がAM9:00~PM8:00(銀行休業日は除く)なので、時間内に電話をし、増額を希望する旨を伝えましょう。

・必要書類を用意する

融資枠の増額に伴い、借り入れ上限金額が50万円を超える場合は、収入を証明する書類が必要となります。福岡銀行カードローンの融資枠が50万円を超える場合はもちろん、他社からの融資と合わせて50万円を超える場合でも、収入証明書類が必要になるので準備しておきましょう。


   収入証明書類
 給与所得者  ・所得証明書

 ・源泉徴収票 ・給与明細書

  のいずれか1点(最新のもの)
 自営業など個人事業主  ・納税証明書<その2>

 ・確定申告書<第1表および第2表>

  のいずれか1点

外国人はこのほかに、永住者の記載がある「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」が必要になります。

提出するのは、証明書類の実物か写しか分からない場合、電話で確認しましょう。

・審査を受けて増額へ

必要書類を提出した後、福岡銀行で審査が行われ、審査の結果増額が決まると通知が届きます。福岡銀行の準備が完了次第、増額分の融資が受けられますが、ある程度時間が必要になるので、余裕をもって申し込むようにしましょう。

福岡銀行カードローン増額の注意点

福岡銀行カードローンの増額には、いくつか注意点があります。

・毎月の返済額に注意

毎月の返済額に注意しましょう。融資額が増えるということは返済計画も変わることになります。福岡銀行カードローンに限らず、ローンを組む際に大切なのが返済計画です。あくまでも無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

カードローンの金利は実質年率を用いており、早いうちに元本を減らしたほうが、最終的な返済総額を抑えることができます。しかし、途中で返済ができなくなってしまっては本末転倒です。最終的な返済総額が多くなろうとも、毎月の収入と支出のバランスを考えた返済計画を立てましょう。

・限度額が下がってしまうケースも

増額を希望したのに、反対に融資枠が減額されてしまうケースもあります。これは「総量規制」という法律が存在するからです。

総量規制は、借り入れをする人の年収の3分の1を借り入れ上限額とする決まりです。増額申し込みに提出した収入証明書類で、年収が下がっている場合、融資額が下がってしまう可能性があります。

自身の収入を確認し、総量規制の範囲内で増額を申し込むようにしましょう。

まとめ

すでにカードローンを利用し、返済を行っている最中でも、さらに急な出費が必要になることもあります。この場合、多くの人はローンを増額するか、他社のローンに申し込むかを考えるかと思いますが、金利や手間を考えても、増額を申し込むほうが返済に有利になります。

特に福岡銀行カードローンは、一般的な消費者金融系カードローンよりも金利が低く、多くのクレジットカードのリボルディング払いよりも金利が安くなっています。急な買い物でリボルディング払いを選択するよりも、福岡銀行で増額を依頼したほうが支払総額を抑えることができます。

増額にはもちろん審査があります。審査において必要な書類があるので、事前に用意しておくと申し込みがスムーズに進みます。

カードローンの増額は非常に便利ではありますが、増額後の返済計画をしっかりと立て、無理のない範囲で増額を申し込むようにしましょう。