2020年に入ってから、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。日本も大きな影響を受けています。医療従事者や観光業、飲食業はもちろん、一般企業も大きく業績を落としており、一般家庭でも家計が苦しい状況は免れません。

福岡県は感染者数が多く、外出自粛などで経済的な打撃も大きいため家計に困っている家庭が少なくない地域です。福岡県で家計の助けにもなるおすすめのカードローンはあるのでしょうか?

特別給付金はあったものの

福岡,ローン,コロナ
(画像=PIXTA)

2020年2月ごろから、世界的に感染が蔓延が広がった新型コロナウイルス。日本国内でも多くの感染者が出たため関係で、4月7日には緊急事態宣言が発令さ発せられました。飲食店を中心に多くの店が休業を余儀なくされ、各企業の業績がも大きく落ち込む中、政府は国民全員に11人当たりあたり10万円の特別給付金を支給しましたています。

しかしこの10万円だけではコロナ禍の生活がままならないというご家庭も少なくないでしょうありません。

・出費が増えている家庭が多い

各家庭の生活を苦しくさせている理由の一つが、企業が行うテレワークや輪番休業制度です。テレワークの場合、給与面では従来どお通りですということになりますが、毎日自宅で仕事をすることで、ご家庭の電気代、昼食に関する食費などが通常よりも高くなります多く必要となります。

出勤日数が制限される輪番制度の場合、休業した日に関しては給与が満額支給されないため、収入が下がるうえ、昼食代や電気代などは余計に必要になるということになります。

もうひとつの理由が、子どもがお子さんのいるご家庭の場合、休校です。学校が休校になることで、やはり電気代や昼食代で通常よりも出費がは膨らみます。

また、テレワークやリモート授業の関係で、パソコンPCやタブレットをの購入したりが必要となったり、ご家庭のインターネット回線をを新規導入、もしくは見直したりしたす必要があったご家庭も少なくないでしょうありません。

外出自粛が長引いたことで、特別給付金だけでは火急の出費を賄いきれないご家庭が多いのは事実でしょう。

・家計が苦しくても仕事がないケースも

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、収入が下がったという人方もいるでしょうは多いかと思います。もっと言えば感染拡大の影響で、職を失ったという人方もどんどん増えています。

収入が下がる、もしくは無くなってしまったという人方は、ほかの形で収入を確保する必要があります。しかし、新型コロナウイルスの感染が落ち着かない状況では、どんな企業でも経営状況は芳しくなく、当然ながら求人も多くありません。

正社員や契約社員ではなく、パートやアルバイトでもと考える方も多いかと思いますが、飲食店をはじめ多くの小売店が営業自粛や休業を余儀なくされている状況では、こういった求人も多くはありません。

支出がは増えて、収入が減るという状況では、節約してしの凌ぐといっても限界限度があります。そこのような状況の場合では、無理せずローンに頼るという選択肢も考えてみましょう。

ローンは金利が不安

先行きが見えないコロナ禍において、家計を助けるためにローンを利用することは。これは確かに考えるべき選択肢ではあります。しかし、が、それでもローンという言葉の響きに抵抗感がある人方も多いでしょうかと思います。

ローンということはつまり借金です。借金をすることに対する抵抗感や不安を払拭するためにというのは、どのくらいの金利で、どのくらいの利息を払わなければローンについての認識を明確にする必要がありいけないかという部分が多いかと思います。

そこで一般的なローンの金利や利用限度額、使途などについて見ていまとめておきますしょう。

・一般的なローンの金利

まずは一般的なローンの金利に関してまとめておきましょう。ローンには住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど、使途が限定されている代わりに金利がを抑えられている商品があります。しかししかしこういった使途の限られたローン商品は、家計の助けに利用使用することができません。家計の助けにするためには、フリーローンやカードローンを利用しましょう。

福岡銀行を含めたそこで一般的なカードローン、フリーローンの金利をいくつかご紹介しますしょう。

   金利(実質年率)  貸付限度額
 福岡銀行

 カードローン
 3.0~14.5%  10~1000万円
 福岡銀行

 フリーローン
 5.9~14.0%  10~500万円
 プロミス

 フリーキャッシング
 4.5~17.8%  500万円まで
 SMBCモビット

 カードローン
 3.0~18.0%  1~800万円

代表的なカードローンに加え、この記事でぜひおすすめしたい福岡銀行のカードローン、フリーローンの金利と利用限度額です。金利にはは幅がありますが、基本的に借入金額が高くなるほど金利は低くなります。50万円以内の借り入れの場合は最大の金利が、それ以上の借り入れになると徐々に金利が下がるとイメージすればよいいでしょう。

・総量規制も問題

フリーローンやカードローンを利用する際に、知っておきたいのが「総量規制」という法律です。総量規制とは借り入れ上限金額に関する制限で、借り入れを総量規制では年収の3分の1以下にとするという決まりです定められています。

年収が300万円なら100万円まで、600万円なら200万円が上限となります。この総量規制は、1ヵ所からの借り入れ上限ではなく、その人方が組んでいるすべてのローンの合計金額にかかりまる規制です。

つまり年収300万円の人でで、すでに50万円の借り入れがある場合、新たに契約する借入金の上限は50万円ということになります。

この総量規制には例外の商品もあります。、住宅ローンやマイカーローンは総量規制の対象外なですので、覚えておきましょう。

福岡銀行のローン応援キャンペーン

上で福岡銀行でのローンをおすすめしていますが、その大きな理由が福岡銀行ではが行っている「ローン応援キャンペーン」を行っていまです。ローン応援キャンペーン期間は2020年6月5日(金)~9月30日(水)までです。いくつかの商品で、以下のような特別サービスを行っています。るますので覚えておきましょう。

・マイカーローン

   通常金利(実質年率)  キャンペーン金利(実質年率)
 500万円以上  2.8~3.3%  1.9%
 特定条件を満たす人

 (Web申し込み)
 2.7%  2.6%
 特定条件を満たす人

 (Web申し込み以外)
 2.8%  2.8%
 特定条件を満たさない人  2.8~3.3%  2.8~3.3%

福岡銀行のキャンペーンを利用する場合は、WebEBからの申し込みが前提となります。軽減される金利は0.1%%ほどですが、マイカーローンのように借入金が高額になるローンにおいては大きな差になります。

ちなみに上の表の「特定条件」とは、「福岡銀行に給与振込口座がある」もしくは「mybank+に加入している」ことになります。

・フリーローン

   通常金利(実質年率)  キャンペーン金利(実質年率)
 Webからの申し込み  5.9%・9.9%・12.9%  5.8%・9.8%・12.8%
 Web以外からの申し込み  7.0%・11.0%・14.0%  7.0%・11.0%・14.0%

福岡銀行のフリーローンの金利は、申し込み時の審査のうえで上表記のいずれかの金利に決定します。こちらもキャンペーン対象となるのはWebからの申し込みのみでとなります。

また同じフリーローンでも、住宅ローンを借り入れている人方には、ほかに特別金利のフリーローンがあります。

   通常金利(実質年率)  キャンペーン金利(実質年率)
 福岡銀行で住宅ローンを

 借り入れている人
 4.3%  3.9%
 他行で住宅ローンを

 借り入れている人
 4.5%  4.1%

こちらもキャンペーン対象は、申し込みはWebEBからの申し込みのみですがキャンペーン対象になります。

・教育ローン




   通常金利(実質年率)  キャンペーン金利(実質年率)
 学資ローンDX

  特定条件を満たす人

 (Web申し込み)
 2.7%  2.6%
 学資ローンDX

  特定条件を満たす人

 (Web申し込み以外)
 2.8%  2.8~3.3%
 学資ローンDX

 特定条件を満たさない人
 3.3%  3.2%
 教育カードローン

 Web申し込み
 2.7%  2.6%
 教育カードローン

 Web以外の申し込み
 4.5%  4.5%

福岡銀行の教育ローンには、一括でまとめて借り入れが可能な「学資ローンDX」と、必要なとき時にカードを利用して必要な分だけ借り入れができる「教育カードローン」の2種類があります。

どちらもローンキャンペーン対象商品ですが、こちらもWeb申し込みが条件となっているますので、まずは福岡銀行の公式ホームページHPでご確認しましょうください。

上この表の特定条件はも、「給与振り込み口座が福岡銀行にある」もしくは「mybank+に加入している」ことですかどうかです。

・最初の1一年は利息の返済のみでもOK

このキャンペーンのもう一つひとつの特徴は、ローンの返済に関して、最初の1年間は利息の返済だけでOKという点返済金額に関するサービスです。長引く新型コロナウイルスの影響で、今後の見通しが立たない人でも方にも、当分は返済の面でも助かるでしょうサービスといえます。

例えばフリーローンで、9.8%%の金利で100万円を借り入れたとしましょう。この場合、1ヵ月ヶ月(30日間)で付与される利息は約8,060円です。最初の1年間は毎月最低8,100円の返済でよいいいということになります。もちろんこの間、は元金は減りませんが、生活は非常に楽になるでしょう。

すでにローンを利用している人方は?

すでに福岡銀行、もしくはほかの金融機関からローンで借り入れがあり、その返済が厳しくなっているという人方は、福岡銀行のフリーローンで借り換えをするという方法もあります。

・福岡銀行の借り換えローン

福岡銀行のフリーローン、「ナイスカバー」は、借り換えローンにも対応していまするフリーローンです。もちろん審査は行われますが、一般的なカードローンやフリーキャッシングと比較すると、低い金利での借り入れが可能です。

ただしまた、ナイスカバーでローンの借り換えを考えている方への注意点としては、ナイスカバーは返済のみ対応のローンなであることでしょう。ほかのカードローンのように、融資枠に余裕がある場合は何度も借り入れを繰り返すことができませんので注意し、この点に気を付けましょう。

・返済が厳しい場合は専用ダイヤルへ

福岡銀行の各種ローンを利用していて、新たに融資を受けるほどではないものの、返済状況が厳しいという人方は、一度福岡銀行の専用ダイヤルに問い合わせてみましょう。期限など柔軟に対応してもらえる可能性があります。

まとめ

2020年8月に入っても、新型コロナウイルスの蔓延は収まるどころか収束のめども立っていません。コロナ禍と言われる状況がいつどこまで続くのか、見通しが立たないのが現状です。

ローンが怖いという先入観で無理な節約を続けて、より家計が厳しくなるような状況はおすすめできません。

本当に生活が厳しくなる前に、一度ローンを利用し生活を立て直すのも1つひとつの方法です。

福岡銀行では9月末までのローン応援キャンペーンを行っており、よりのような有利な条件で借り入れをすることができます。この際に、ぜひのローンを利用することも検討し選択肢に入れて考えてみましょう。