カードローンの申し込みには審査があります。審査を受けるためには、書類の準備が必要です。必要書類が準備できていないと申し込みができず、改めて申し込む必要があるなど、非常に面倒です。この記事では福岡銀行のカードローンをはじめ、各種ローンを申し込む際に必要な書類についてまとめました。

ローンの申し込みに必要となる書類

福岡,ローン,必要,書類
(画像=PIXTA)

福岡銀行にはさまざまな種類のローン商品があり、どのローンでも審査に必要な書類があります。まずは共通して必要な書類を紹介します。

・本人確認書類

公的機関が発行している、顔写真がついている、そして現住所が記載されていることの3点をクリアしているものが本人確認書類として扱われます。代表的なものが運転免許証、パスポート、マイナンバーカードです。

もっとも利用されるのが運転免許証です。運転免許証を本人確認書類として利用する場合は、有効期限内であることが条件です。また、記載の住所と氏名が間違っていないことを確認しましょう。

運転免許証の住所が現住所ではない場合、警察署などで住所変更の手続きをしましょう。住所変更手続きを行うと、運転免許証の裏面に現住所が記載されるので、審査に提出する場合は両面をコピーもしくは撮影して提出しましょう。

運転免許証の氏名に関しても、結婚などで戸籍上の名字が変更になった場合は、警察署などで変更手続きをしておきましょう。

パスポートも住所や氏名が現在のものと同じであることを確認しましょう。提出するのは住所と氏名が記載されているページの写しです。

マイナンバーカードを本人確認書類として使用する場合は、マイナンバーを隠して提出しましょう。基本的には表面の写しがあれば問題ありませんが、裏面の写しが必要な場合は、マイナンバーの部分を黒塗りするなど対策が必要です。

・収入証明書類

収入証明書類は、各種ローンにおいて一定額を超える融資を希望する場合に必要となります。収入を証明する場合は、給与所得者と自営業者(フリーランス含む)で必要書類が異なるので注意しましょう。

給与所得者の場合に必要な書類は、給与明細書、所得証明書、源泉徴収票のいずれか1点です。いずれも最新年度のものが必要です。現在の勤務先のものを準備しておきましょう。

自営業やフリーランスなど個人事業主の場合は、確定申告書(第1表および第2表)、納税証明書(その2)のいずれかが必要です。こちらも最新年度のものが必要となるので、準備しておきましょう。

・その他の書類

その他の書類として、外国人が用意すべき書類があります。外国人がローンの申し込みをするためには、日本の永住権を獲得している必要があります。永住権を示すため、永住者の記載のある在留カードもしくは特別永住者証明書が申し込み時に必要となります。

カードローン申し込み時の書類提出方法

福岡銀行のカードローンでは、申し込みから融資、返済まですべてインターネット上で手続きが完了するWeb完結のサービスを行っています。Web完結を利用する場合の書類提出方法を紹介します。

ちなみに電話や郵送で申し込む場合は、必要書類の写しを同封して福岡銀行に郵送します。

・ネット上でアップロードする

Web完結で申し込む場合、必要書類は画像をアップロードして提出します。スマートフォンやデジカメで書類の必要なページや面を撮影し、画像データを申し込み専用のアップロード画面から提出します。

書類を撮影する際は、必要な写真や文字が鮮明に写るようにしましょう。画像が不明瞭な場合、再提出を求められることもあります。

・窓口では写しを提出

福岡銀行の窓口でローンの申し込みを行う場合、窓口に必要書類を提出します。必要書類の原本を窓口に持参すれば、銀行で写しをとってくれます。

ローンの増額を申し込む際に必要な書類

福岡銀行のカードローンでは増額の申し込みも受け付けています。融資上限をアップさせたい場合は、福岡銀行の専用ダイヤルに電話し、増額希望の旨を伝えましょう。

続いて増額申し込みの際に必要となる書類を確認しておきましょう。

・収入証明書類

カードローンの増額申し込みの際、基本的に本人確認書類は必要ありません。申込者が引っ越しをしているなど、登録情報に変更がある場合は本人確認書類が必要な場合もあります。

本人確認書類は不要でも、収入証明書類は必要となるので覚えておきましょう。

・増額希望で枠が減る場合も

カードローンの増額希望をしたのに、融資枠が下がってしまうことがあります。これは総量規制という法律のためです。総量規制とは、借り入れしている人が返済に困ることがないよう、借り入れの上限金額を定めた法律です。フリーローンなど使途を問わない借入金に関しては、年収の3分の1が上限となっています。

増額希望で提出した収入証明書から算出された年収が最初に申し込んだときよりも下がっている場合、総量規制の範囲内まで融資上限が下げられることがあるのです。

増額審査には、それまでの借り入れ返済の実績なども加味されますが、総量規制も関係します。まずは自分の年収を確認し、増額ができるかどうかを検討しましょう。

その他のローンの申し込みに必要な書類

フリーローンやカードローンについて解説してきましたが、福岡銀行にはほかにもローン商品があります。ほかのローン商品の中から、マイカーローンと不動産担保ローンの申し込みに必要な書類について解説しておきましょう。

・マイカーローン

車の購入にあたって利用できるマイカーローン「ニューオートローンDX」は、保証料込みで金利2.7~3.3%(実質年率)という低金利で借り入れができる人気商品です。「ニューオートローンDX」の特徴は、車を決める前に申し込み、仮審査を受けることができる点です。

「ニューオートローンDX」に必要な書類は、申し込み状況によって変わります。本人確認書類、収入証明書類に関してはほかのローン商品と同様です。収入証明書類は基本的に借入金額が300万円を超える場合に必要です。

これ以外に本契約の際に必要となるのが、使途証明書類です。車を購入することを証明する書類となります。「ニューオートローンDX」を利用して車を購入する場合と、すでにほかのマイカーローンを利用していて、「ニューオートローンDX」に借り換える場合で書類に違いがあります。

「ニューオートローンDX」で車を購入する場合は、購入する車の見積書もしくは契約書が必要です。一方、他の金融機関からの借り換えの場合は、返済予定表・返済用口座通帳の写しを用意しましょう。

・ホームエクイティローン

福岡銀行には担保・保証人なしで借り入れが可能なフリーローンのほかに、保有不動産を担保に借り入れをする不動産担保ローン「ホームエクイティローン」があります。「ホームエクイティローン」は、利用する際に必要書類が多く、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

「ホームエクイティローン」は仮審査と本審査を受ける必要があり、それぞれ必要書類が異なります。

<仮審査に必要な書類>

 本人確認書類  ・運転免許証

 ・パスポート

 (どちらか1点。有効期限内のもの)
 そのほかの書類  ・年収の分かる書類

 ・使途が分かる書類

 ・担保不動産に関する書類

本人確認書類に関しては、基本的にほかのローン商品同様です。その他の書類に関しては、申し込みの前に電話か窓口で直接相談し、どのような書類が必要か確認しておきましょう。

<本審査に必要な書類>

   書類  入手場所
 本人確認書類  ・運転免許証

 ・パスポート

 (どちらか1点。有効期限内のもの)
 
 福岡銀行の通帳
 ・住民票謄本

 (家族全員記載のもので発行から3ヵ月以内)

 ・印鑑証明書×3通 (発行から3ヵ月以内)
 市区町村役場
 収入証明書類  【給与所得者】

 ・給与明細書

 ・所得証明書
 所得証明書は市町村役場、給与明細書は勤務先
 【自営業者】

 ・納税証明書

 (その1・その2) ※2期分

 ・確定申告書 (付属明細書含む)
 
 物件に関する書類  間取り図  
 登記簿謄本

 (3ヵ月以内に発行)
 法務局
 【以下戸建て物件に限り】

  ・公図または17条地図

  ・接道部分の要約書

  ・建物図面

  (すべて3ヵ月以内に発行。建物図面は「権利書添付の図面」の写しでも可)
 使い道関連書類  ・使い道が分かる書類

 【借り換えの場合】

 ・返済予定表

  ・返済用口座通帳
 

「ホームエクイティローン」を申し込むにはさまざまな書類が必要となります。書類の有効期限は発行から3ヵ月以内なので、必要な書類をまとめて取得申請できるように整理しておきましょう。

まとめ

福岡銀行には各種ローン商品があります。ローン商品を利用するには審査があり、審査にあたって提出が必要な書類があります。それぞれのローンで提出すべき書類が異なるので、不安な人は事前に福岡銀行に電話などで問い合わせておくとよいでしょう。