急にお金が必要になった際、すぐに借りられて担保や保証人も不要なカードローンが重宝します。ただし妻に余計な心配をかけないように、内緒でカードローンを利用したいという人もいるでしょう。 この記事では妻に内緒でカードローンを申し込む際の方法と注意点などを詳しく解説していきます。

お金を借りて妻にバレる典型的パターン!

妻に内緒,お金を借りる
(画像=PIXTA)

カードローンを利用中に妻にバレてしまうのはどのようなパターンか、代表的なものを確認しておきましょう。

・ローン会社からの電話

融資審査の最終段階では、必要書類に記入した勤務先に本当に在籍しているのかを電話で確認する「在籍確認」があります。

もちろんローン会社も、周りに融資審査だと気づかれないよう配慮してくれます。それでも、電話自体が不自然だったり、受け応えがぎくしゃくしていたりすると、金融関係の審査だとバレるおそれがあります。

・ローンカードを見られる

妻に財布やパスケース、カード入れなどに入っているローンカードを見られてしまうリスクもあるでしょう。

ローンカードだと分かりにくいものもありますが、中には分かってしまうものもあります。

・郵送物

ローン会社からの郵送物は、妻にバレる原因になりがちです。ローンカードや契約書の送付、利用明細書、延滞してしまった際の督促状などがあります。

・通帳記録

妻と銀行口座をシェアしている人もいるでしょう。そうでなくとも、通帳を見せてほしいといわれることもあるかもしれません。

その場合、口座からローン返済金を自動振替していると、ローン会社の名前が通帳に記帳されます。有名な消費者金融の社名だと、バレる可能性もあるでしょう。

・督促でバレてしまう

返済が滞った際は、督促電話がかかってきたり、督促状が届いたりします。最初は通知程度の携帯電話への連絡です。

それでも返済が行われない場合、次第に強硬になり、自宅や勤務先にも督促電話がかかってきます。これにも対応しないと督促状が届くようになります。

担当者が本人以外に滞納の事実を伝えることは原則としてありません。しかし、電話のやり取りの雰囲気で、バレることもあります。

妻バレリスクはどちらが危険?銀行と消費者金融

カードローンには大きく銀行と消費者金融があります。銀行のほうが金利は低いですが、その分審査は厳しく、即日融資や翌日融資には対応できません。妻にバレるリスクは、どちらが高いのでしょうか。詳しく解説していきます。

・バレやすい銀行カードローン

銀行カードローンは多重債務防止の目的によって、貸し付けの自主規制をしています。カードローンの利用を誘う電話連絡や郵送物なしというようなサービスはしていません。

電話もきちんと社名でかかってきます。一定の配慮がある消費者金融よりは、バレやすいと言えるでしょう。

・意外とバレにくい消費者金融

妻にバレずに融資を受けるには、消費者金融に申し込むほうがリスクは低いでしょう。消費者金融は顧客獲得のために、顧客の気持ちを汲んだ対応を心がけています。

在籍確認の電話連絡なしや郵送なしといったサービスをアピールするところもあります。自宅への電話を回避できたり、郵便物がなしだったりすれば、妻に内緒でカードローンを利用しやすくなります。

消費者金融では人に知られずにカードローンを利用したい旨を伝えると、できるかぎり配慮してもらえるでしょう。

妻バレ対策:電話編

自宅にローン会社から電話がかかってきた際の妻バレ対策について、触れておきましょう。

SMBCモビットやレイクALSA・プロミス・アコム・アイフルなどは電話連絡なしの希望に配慮してくれます。申し込みの際、オペレーターに伝えることで配慮してもらえます。

妻バレ対策:カードレス編

ローンカードを妻に見られないようにするには、カードレスでの契約をしましょう。Webやアプリで申し込みから借り入れまでの手続きが可能で、カード自体が発行されません。

カードレスなら財布を見られてもバレず、カード送付の郵便バレもありません。自宅にいながらスマートフォンの手続きだけで融資が受けられ、返済も含めてスマートフォンでできるので便利です。

レイクALSAではカードレスローンのWeb申込をすると、最短時間審査や最短即日融資などの優遇措置が受けられます。すぐに借り入れをしたい事情がある人にも向いています。

妻バレ対策:郵便物編

郵送バレはWeb申込を利用することで、回避できる場合があります。郵送物なしのサービスをアピールしている消費者金融は、レイクALSA・アイフル・プロミスです。Webで申し込めば、郵便物は送付されません。SMBCモビットのWeb申込は、初回のみ郵送物が送られてきます。

アコムならWeb申込後にローン契約機で手続きをすれば、最短で申し込みから1時間ほどでローンカードを発行してくれるようです。

また、カードレスに対応しているローン会社も、カード送付の郵便バレの心配はありません。

妻バレ対策:通帳記録編

通帳を勝手に見られないように保管するのは基本として、妻に通帳を見せてと言われたときに、バレないように準備をしておきましょう。

融資の記録が通帳に残らない、ATMから直接借り入れと返済ができるカードローンであれば通帳からバレることはありません。

アイフルはアプリを使用すれば、通帳記帳なしで借り入れができます。Web申込後にアプリをインストールしてセブン銀行ATMのスマホ取引を選択すれば、直接ATMから融資金を受け取れます。

妻バレ対策:督促編

郵送物や電話はある程度避けることができても、督促だけは避けられません。

延滞をした場合、金融機関は対応が厳しくなります。初めての延滞なら、携帯電話に連絡が入ってすぐに対応すれば問題ありません。しかし、放置すると強硬な態度で督促の電話がかかってきます。携帯電話の着信を無視していると、職場や自宅の電話に連絡が来ます。

督促電話は緊迫感を帯びていて、妻にも普通の電話ではないことが伝わってしまうおそれがあります。督促状が届けば、妻にバレる可能性はより高くなります。延滞はしないように心がけましょう。

返済に困ったときに検討してみる方法

督促状が届くような状態になっても、返済資金がなく、給料が差し押さえられそうな場合は、借り換えローンを利用するのが賢明です。返済資金を、別の金融機関から借り入れて清算する方法です。

消費者金融の借り換えローンやおまとめローンは、他社への返済に苦しむ人を対象にしています。そのため、督促状を出されるような状態でも融資を受けられることがあります。

差し押さえは督促状が届いて半年を経過し、それでも返済されない場合に強制執行されます。そうなる前に、借り換えローンを利用して融資金を返済に充てれば、給料の差し押さえを回避できます。

相当深刻な場合は、法テラスなどの国の相談窓口で助言を受けることも検討しましょう。

妻バレしにくいおすすめカードローン4選

ここでは妻バレしにくいカードローンを4つ紹介します。

・レイクALSA

レイクALSAの金利は実質年率4.5%~18.0%で、限度額は500万円です。Web申込で最短60分融資(※)も可能で、24時間融資金振り込みに対応しています。郵送物なしのサービスだけでなく、相談すれば電話連絡も回避できます。

利息特典を選ぶこともでき、中でも10万円以下の借り入れならかなりお得です。基本的に、毎日21時までの申し込みで当日融資が可能です。

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

・SMBCモビット

SMBCモビットの金利は実質年率3.0%~18.0%で、限度額は800万円です。最短1時間程度で融資が受けられ、郵送物回避サービスも行っています。

社会保険証があるならWeb完結申込が簡単です。土日祝日の対応でWeb完結なら電話連絡なし、郵送物もありません。

電話が必要な場合は事前に相談があります。カードレスなのでローンカードが見つかる心配もないですが、Web完結以外の申し込みはカードレスではありません。

・アコム

アコムの金利は実質年率3.0%~18.0%で、限度額は800万円です。最短1時間程度で融資が完了し、郵送物も回避できます。30日間無利息サービスもあります。ただし、電子交付の設定をしなければ、融資金振り込み時に郵送物が届くので注意しましょう。

事情があれば書類による在籍確認も認めてくれるなど、柔軟な対応も期待できます。在籍確認の電話も、時間帯だけでなく電話をかける人の性別も相談できます。

・プロミス

プロミスの金利は実質年率4.5%~17.8%で、限度額500万円です。スマートフォンを使えば最短15秒で事前審査が完了し、申し込みの可否や融資可能金額が分かります(※)。

土日祝日の24時間振り込みにも対応しています。郵送物の回避がしやすく、初回30日間無利息の特典もあります。郵送物や来店なしで契約できるので、妻に知られたくない人におすすめです。

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。 ※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

妻に内緒でカードローンを利用しよう

妻に内緒でカードローンを利用するためには、この記事で紹介してきたように、さまざまな対策があります。ローン会社によって、配慮してくれるサービスにも違いがあります。妻にバレにくいローン会社のカードローンを活用しましょう。