お金を借りたいと思うとき、何を思いつくでしょうか。手軽なものにカードローンなどがありますが、最近はスマートフォンで申請できるアプリローンが多数登場しています。この記事では、アプリローンとはどのようなものかを紹介します。

スマホアプリで手軽にお金を借りられる?

少額,融資,アプリ
(画像=PIXTA)

ローンを使いたいと思うときにアプリローンを使うメリットは、面倒な手続きが不要で簡単に申し込みができる点です。店舗に足を運ばなくても、アプリをダウンロードさえすれば、自宅や外出中でも気軽に契約でき、借り入れや返済も簡単です。

ローンカードがなくてもアプリで取引ができるので、周りの目を気にする必要もなく、財布がカードでかさ張ることもありません。

アプリローンには、カードローンに代表される銀行系やプロミス・アイフル・SMBCモビットなどの消費者金融系のほかに、新たなサービスも続々登場しています。後半では、それらのサービスの内容についても詳しく見ていきましょう。

少額融資おすすめランキング 少額融資おすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
融資
時間
申込
王冠_gold 1位

王冠_gold 1位
5万円以内の借入なら
無利息期間は最大180日
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

2位

2位
50万円以下なら
収入証明書原則不要
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

3位
モビット
3位
10秒簡易審査 最短
即日(※1)

申込はこちら

申込はこちら

4位

4位
最短30分で審査回答が可能 最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

5位

5位
原則24時間365日
申込可
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※ランキングは当社調べ

アプリでお金を借りる際に注意すべきことは?

ローンの申し込みから借り入れ、返済まですべての手続きをスマートフォンだけで済ませることができるのは、確かに便利です。しかし、スマートフォンがローンカードの代わりになることの危険性はどうなっているのでしょうか。

例えば、プロミスをはじめとしたカードローン会社のアプリでは、不正アクセスの危険を回避するために二重、三重のセキュリティ対策を講じています。アプリローンにログインする際は、WebIDとパスワードまたはカード番号と暗証番号といった2段階認証を行っています。

Androidのスマートフォンを使用している場合は、アプリローンのログインに生体認証サービスを利用できるので、なりすましによる不正使用の危険性が大幅に軽減されています。

お金に関わることなので、それぞれのサービスを利用する前にセキュリティ面がどうなっているかをしっかり確認しておきましょう。

消費者金融系アプリローン

消費者金融系のローンでも、アプリの対応が進んでいます。

・レイクALSA

レイクALSAではe-アルサを利用すれば、近くのセブン銀行ATMでカードを使うことなく借り入れができます。21時(日曜日は18時)までに審査や必要書類の確認を含む契約手続きを完了させれば、その日のうちに借り入れができます。

このように、最近のカードローンはカードを作る手間をかけることなく、スマートフォンさえあれば手軽に利用できるようになっています。自分の目的に合ったサービスを選んで、活用してみてはいかがでしょう。

・SMBCモビットアプリ

SMBCモビットのアプリでは、モビットカードなしで原則24時間入金・出金ができる「スマホATM取引」と呼ばれるサービスが、全国2万4000台以上のセブン銀行ATMで利用できます。原則最短3分で振り込みキャッシング、申し込みから結果案内までの契約額変更の手続きもアプリで対応可能です。

モビット

・プロミスアプリローン

プロミスでも、アプリから直接お金を借りられる「アプリローン」を展開しています。最短1時間で融資を受けることができ、初めての人なら30日間無利息で借り入れが可能です。

・アイフル

アイフルもスマホATMに対応しており、他社と同様に最短で契約まで60分で借り入れができます。アイフルの金利は年3.0%~18.0%となっており、初回契約から30日間は無利息でサービスを受けることが可能です。

銀行系アプリローン

ネット銀行ローンには、アプリに対応しているものがあります。上限金利が安いので、検討してみるのもよいでしょう。

・じぶん銀行

KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資しているネット銀行「じぶん銀行』は借り入れもできます。スマホATMに対応し、アプリのみで借入金の出金や返済金の振り込みが可能です。

銀行系のカードローンのため、金利年1.48%~17.5%(auユーザーは0.5%優遇)と、上限金利が低く設定されています。ただし、銀行法が適用されるため当日の借り入れはできないことと、無利息サービスがないので注意が必要です。

・楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンでは、申込時に必要な書類をアプリから送付できます。またPay-easy(ペイジー)を利用して、金融機関口座からインターネットバンキングで返済も可能です。

CREZIT

CREZITは、スマートフォンだけで登録から借り入れまで完結できる無担保ローンのサービスです。2019年12月17日に、最大10万円の与信枠を金利0%で借りられるベーシックプランをスタートしました。最初の与信枠は少額ですが、「借り」て「返す」を繰り返すことでユーザーの信用情報が変化し、借り入れできる額も少しずつ上がっていきます。

このサービスは単なる無担保ローンではなく、CREZITのアプリに蓄積したデータを活用してユーザー自身の信用を可視化し、管理・向上させる信用管理ツールです。今後はコアとなる要素技術を外部に解放して、与信プラットフォームとしての展開を目指しています。

将来的に多くの人が、金融サービスを最適に利用できる社会をつくることを目的にしたサービスです。

≪商品詳細≫
・借入利率:0%~15%(実質年率)
・返済方式:元利均等返済 (毎月の返済総額が一定)
・遅延損害金:20%
・返済期間・回数:最長12ヵ月・12回
・担保・保証:不要

LINE Pocket Money

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)は、LINEアプリから手軽に借り入れできる個人向けの少額ローンサービスです。LINE Pocket Moneyを使うことで、普段使っているLINEアプリから手軽に借り入れができます。

LINE Financialやみずほ銀行、オリコカードで有名なオリエントコーポレーションが共同で出資したLINE Credit株式会社が運営し、従来の信用情報に加え、一人ひとりの状況に応じて貸付金利と支払い可能額が決定されます。

LINE Pocket Moneyの大きな特徴は、ユーザーの信用度を採点化するスコアリングサービス「LINE Score」の点数によって金利と限度額が決まることです。その点数は、ライフスタイルに関する15の質問やLINE家計簿の利用、本人確認などで上げられるのが特徴です。

≪商品詳細≫
・借入利率:3.0%~18.0%(実質年率)
・返済方式:残高スライド元利定額リボルビング方式
・遅延損害金:20%
・返済期間:1ヵ月~180ヵ月の間
・担保・保証:不要

バンドルカード

バンドルカードとは、誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリです。支払いの前に使いたい金額をチャージし、Visa加盟店でクレジットカードと同じように使うことができます。

バンドルカードはプリペイドカードのため、基本的には先払いですが、「ポチっとチャージ」を使えば、チャージしたお金を後払いにすることが可能です。チャージしたお金は、コンビニなどで手数料と一緒に翌月末までに支払うだけと手軽な仕組みになっています。

≪ポチっとチャージ手数料≫
申込金額       手数料
3000円 〜 1万円   510円
1万1000円 〜 2万円  815円
2万1000円 ~ 3万円  1170円
3万1000円 ~ 4万円  1525円
4万1000円 ~ 5万円  1830円

バンドルカードには審査や年齢制限がなく、誰でも作ることができるというメリットもあります。アプリをダウンロードすると、すぐにネット決済で使えるVisaプリペイドカードが発行されます。リアルカードを別途発行すれば、お店でも使えます。

アプリ買取サービスCASH

CASHは、ローンでお金を借りるのとは少し違うものの、手持ちの品物を担保に現金化できるアプリ買取サービスです。手持ちのブランド品やスマートフォン・タブレットといったガジェットなどのアイテムをスマートフォンで撮影し、査定してもらうことで現金に変えることができます。

2ヵ月以内に返金するか、査定されたアイテムを送ることで取引が終了します。査定金額は0円から2万円までで、商品に2万円以上の価値がある商品でも、上限金額が2万円となっています。どちらにするかを後で決めることもできます。

返金する場合、一律15%の手数料がかかります。現金を受け取る場合、手数料として一律250円が必要です。コンビニでの現金受け取りは上限が1万円で、受取時間は7時から22時までです。

使用するために必要なものは、スマートフォンの電話番号によるSMS認証のみです。アプリ内のウォレットから銀行振り込み・コンビニ受け取りを指定することで、現金として受け取ることができます。

デジタルアセット担保ローン

「デジタルアセット担保ローン」は、大和証券グループ本社とクレディセゾンのグループ会社であるFintertechによる、暗号資産のビットコインを担保に資金を融資してくれる新しいサービスです。

貸付利率は、年4.0%~8.0%と世界最低水準をうたっています。使途は自由で最大5億円まで、最短4営業日で融資を受けられます。いつでも全額返済でき、借入期間満了時であれば担保暗号資産で借入金の返済も可能です。

≪本サービス概要≫
・融資対象:法人、個人事業者
・貸付利率:実質年率 4.0%~8.0%
・担保対象:BTC(担保掛目50%)、保証人不要
・契約期間:1年(ロールオーバーあり)
・返済方式:元利一括返済方式(返済回数1回)
・遅延損害金:年率15.0%
・オプション:担保暗号資産による弁済可能
※資金の融資に際しては所定の手続き・審査が必要となります。

アルトア オンライン融資サービス

アルトア オンライン融資サービスは、個人向けではないものの、個人事業主などでも利用できる小規模事業者向けのオンラインレンディングサービスです。オリックス株式会社が持つ与信ノウハウを活用しながら、弥生株式会社の会計ビックデータと、協業先であるd.a.t.株式会社のAI技術を活用した新たな与信モデルを採用しています。

弥生会計など会計ソフトに対応し、設備の修繕や機械投資、閑散期の資金繰りなどの事業用に使う資金を借りることができます。融資金額も50万円~300万円と大きく、金利は年2.8%~14.8%で保証人・担保なしで利用できます。

金子賢司
監修者・金子賢司(ファイナンシャルプランナー)
立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:CFP、住宅ローンアドバイザー、損保マスター