円高・円安という言葉はニュースなどでよく耳にしますが、日常生活にどのような影響を与えているのでしょうか。海外旅行に行く際に円をドルに両替するタイミングで、「円高・円安」を意識する人も多いでしょう。自動車や食料などの輸出入の価格にも影響しています。

今回は、円高・円安の仕組みや影響について解説します。円高・円安の知識は、FX取引をするうえで非常に重要です。「通貨が高い・安い」ということが何を意味するのかを理解し、FX取引に生かせるようにしましょう。

円高・円安とは何か

円高,円安
(画像=PIXTA)

そもそも、円高・円安とは何でしょうか。FX投資を始めるなら必ず押さえておきたいのが、円高と円安に代表される通貨の高い・安いという概念です。外貨と比較して価値が上がることを円高、価値が下がることを円安といいます。

円の価値は、外貨に対して常に上がったり下がったりを繰り返します。FXは、このような通貨の価格差を利用して利益を上げるのです。お金を交換する為替レートは通貨の需要と供給の度合いで決定します。FXで利益を得ようとするのであれば、世界の経済情報に注目し、為替への影響を考慮して、取引することが重要です。

円高・円安の仕組み

通貨の価値が高くなったり低くなったりするのは、世界中の投資家が「外国為替市場」で毎日通貨の売買を行っているからです。円という通貨を買いたいと考えている人が増減することで、円の価格は毎日変動します。

取引に参加している投資家たちの考えで、為替レートが変動していきます。その投資家たちは、通貨ごとに値段の変化の傾向などを見て、予想を立てて取引を行っています。

円高について

円の価値が上がることを円高といいます。例えば、1ドルが現在100円で、翌日に90円となれば、1ドルをより少ない日本円でお得に手に入れられることになります。100円という同じ価格で多くのドルを得られるようになり、円の価値が上がったため、「円高」になるのです。

円安について

逆に円の価値が下がることを円安といいます。1ドルが現在100円で、翌日に110円となれば、100円で得られるのドルの量が減り、円の価値が下がったため「円安」になります。

円高・円安による影響

円高や円安は、どのような要素に影響を受けているのでしょうか?具体的な場面を挙げながら見ていきましょう。

海外とのお金のやり取り

外国からの輸入よりも日本からの輸出が多くなると、外国に多くの商品を売ることになります。その場合、入ってきた外貨を円に交換するため、需要が増えることで円高につながります。反対に円が多く出回ると、供給も増えるので円安につながりやすいと考えられます。

また、個人に与える影響はどうでしょうか。海外旅行に出かけるときには、特に円が高い・安いということを感じることが多いでしょう。円高のときに旅行に行くと、同じ1万円でもより多くのものが買えるようになります。

株価について

円安になると株価が上がりやすくなるといわれています。これは、円安により海外で日本製品が売れることで、輸出産業にかかわる企業の業績がアップするためだとされています。業績が上がれば、景気も上向きになりやすく、株価も上がると考えられます。そうなれば、雇用が増えて、従業員の給料もアップ、さらに景気は好転して株価が上がるとされています。

そのため、株価が上がるときは、円高から円安に向かうことが多くなります。日本国内には輸出を中心とする企業が多く、円安のときに利益を出すので、国内に外貨がたくさん入ってくるからです。

また、海外投資家のリスクヘッジも円安につながります。日本株を買うときにリスクヘッジとして円を売る海外投資家が非常に多くなります。この売りが、株価上昇時の円安につながるのです。

逆に円高の場合、株価は下がる傾向になり、日本国内の輸出系企業の業績が落ちます。また株が下がるので海外投資家が日本株を売り、リスクヘッジをしていた売りを買い戻す動きが見られることもあるので、そのことも円高の要因となるでしょう。

金利の差

日本と外国の金利差は、日本の金利にも影響を及ぼします。金利差があると、日本と外国でお金が移動し為替が変動するからです。

円とドルで考えてみましょう。まず金利ですが、為替相場が円高になると金利が下がり、逆に為替相場が円安になると金利が上がるといわれています。米国の金利が上がって日本の金利が下がることで日本と米国の金利差が拡大した場合、日本の金融商品に投資するよりも米国の金融商品に投資したほうが有利となるでしょう。このような場合では、円をドルに換えて米国の製品を買うので円安になりやすくなります。

反対に米国の金利が下がり日本の金利が上がった場合には、日本の金融商品に投資したほうが有利になるので、ドルを円に換えて日本の金融商品を買う動きが起こり円高につながります。

物価について

円高になると海外からの輸入品が安く買えることになり、物価が下がるといわれています。反対に円安の場合は、石油・食料品・原材料などが高くなるため、国内の物価は上がります。

円の価値が下がることで、海外製品を買える数が少なくなってしまいます。また高金利が通貨高につながらない場合もあります。たとえ金利が高くても通貨の価格上昇要因とはならず、長期的には通貨の価値の下落につながる場合もあるということも知っておきましょう。

行事や出来事

円高・円安の動向を含めた各国のお金の価値は、アメリカ大統領の発言や、主要な国の株価や景気水準、雇用統計の発表などに左右されます。また、地域紛争やテロ、自然災害など突然発生する事柄があると経済が混乱すると考えられて、その当事国の通貨が下落することもあります。

今後は、東京オリンピックへの動向も気になるところでしょう。あらゆるシミュレーションが可能ですが、このように行事や出来事の動向は金融市場にさまざまな反応をもたらすのです。

円高・円安どちらがよいのか?

日本にとって円高と円安を考えると、どちらがよいのでしょうか。企業の場合は、取り扱っている商品などによって異なります。

円高のほうがいい

輸入をしている企業は、円高のほうがいいでしょう。例えば海外から日本に食品を輸入している企業などです。日本の飲食店は、海外からいろいろな食品を購入していますが、これらを安く大量に購入することが可能になります。

円安のほうがいい

輸出を主要にしている企業は、円安のほうがいいでしょう。例えば日本から海外に自動車を輸出している企業です。海外に売る場合、ドルで支払いを受けているので、売り上げを円にする際に入ってくる額が多くなります。

これは企業にとっては大きなメリットとなり、場合によっては円安による利益の分だけ、自動車の価格を安くすることもあります。円安は、輸出が主要の企業には追い風となります。

円高は本当に日本にとってデメリットなのか?

日本にとって円高はデメリットと考えられることもありますが、本当にそうなのでしょうか。

一般の消費者にとっては

円高になると原油価格が下がります。日本は原油消費国なので、原油価格の下落は経済や生活に大きな影響を及ぼします。日常生活においては、ガソリンや灯油の値段が下がります。

また、例えば1000ドルの海外のブランド品を購入する場合に、1ドルが150円のときの商品価格は15万円です。しかし為替相場の影響で1ドルが100円に円高が進んだ場合の価格は10万円です。消費者にとって円高は歓迎するべき部分があります。

日本企業にとっては

輸出を前提とした企業にとって円安は追い風になりやすいので、こうした企業の株を持っている投資家にとっては、円安のほうが有利になるでしょう。輸出産業には、自動車産業・半導体産業・電子部品産業などが挙げられます。

反面、外国の製品を少ないお金で買えるようになるため、輸入を前提とした企業にとっては円高のほうが追い風です。こうした企業の株をもっている投資家にとっては、円高のほうが有利でしょう。また日本企業の中で海外進出を考えている企業は、海外の土地や企業が安く購入できるのがメリットです。

輸入業者にとっては

輸入企業の原材料コストが低下します。鉄鋼や紙・パルプの原材料コストが下がるので、製造業や製紙業界などの内需要の企業業績が上向きになり、その関連業種の株価も上昇すると期待されます。

まとめ

これまで円高・円安の基本とその影響を解説してきました。企業や立場によってどちらがよいのかは変わります。FX投資は、円が高いときでも安いときでも利益を狙えるというメリットがあります。円高や円安の傾向、各国の状況などが分かってくると、利益を得ながらさらに学ぶことができるでしょう。

円高のときには、先に円を売って後から買い戻すことで利益が得られます。反対に、円安の場合、外貨を安く買って後から高値で売れば利益を狙いやすくなります。円高・円安の知識をぜひ、今後の投資に役立てましょう。

実際にFXを始める


■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高8年連続国内第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>YJFX!の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)