FXの取引は売り手と買い手が取引所を通さずに直接、取引を行う。この仕組みを「相対取引」と呼ぶ。FXの取引だけでなく、同様な仕組みを用いて取引される金融商品の仕組みも相対取引であると言えよう。

相対取引の特徴として、取引される価格は売り手と買い手の合意のもとで決定されることだ。FX会社とトレーダーがそれぞれポジションを保有して直接取り引きが行われる。

例えば、外貨預金を行う際には米ドルを銀行で購入する。この場合、銀行から米ドルを購入することになり、銀行自身が注文の受け手となる。FXも同じ様に相対取引となり、FX会社とトレーダーで取引が行われる仕組みだ。

相対取引のメリットとして、取引所を通さないので取引の開始時間や終了時間が決められていないことが挙げられる。つまり、24時間取引可能だ。また、規制や取引条件があまり厳しくないため、取引量が増加する傾向が強いことも。さらに、相対取引は売りてと買い手による契約に基づいて取引が行われるため、株式よりも流動性が高いこともメリットだ。

反対にデメリットとして、大きな損失を受ける可能性があることだ。相対取引はレバレッジ取引を用いることから、少ない資金で大きな利益を得られる投資を可能とする。しかし、予期しない損失が生じる可能性も高いことをおさえておきたい。

これに対して、取引所を介して金融商品を売買する仕組みを取引所取引と呼ぶ。つまり、株式などの金融商品を証券取引所を通じて売買を行う取引のことを示す。

取引所取引のデメリットとして、取引所に個人や法人などからの注文が集まりやすいため、株式市場が活発に動きやすいことが挙げられる。

一方でデメリットとして、注文は取引所を介することから取引時間が限定されていることだ。FXはいつでも取引可能なので、普段忙しい方でも自身の好きな時間に取引できることが強みである。

実際にFXを始める


■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高8年連続国内第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>YJFX!の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)