複数のキャッシングやカードローンから借り入れがあり、金利や返済額に負担を感じている人に向けてプロミスが提供しているサービスが「おまとめローン」です。現在より低い金利で借り換えすることで、負担を軽くすることができます。

しかしおまとめローンは本当に負担軽減となるのでしょうか?そこで今回はプロミスのおまとめローンの利用方法やメリット、デメリットについて解説していきます。

プロミスのおまとめローンとは

プロミス,おまとめ,ローン
(画像=PIXTA)

プロミスのおまとめローンとは、複数のキャッシングやカードローンから借り入れをしている人が、借り入れをプロミスで一本化してまとめるためのローンです。

・どんな人が利用できる?

おまとめローンを利用できるのは、20歳以上65歳以下の安定した収入がある人です。主婦や学生であっても、パートやアルバイトで安定収入があれば申し込みが可能です。

ただし、おまとめローンで借り入れた資金の使用目的は、プロミス以外の消費者金融やクレジットカードなどを利用した無担保ローンに限られているため、他社での借り入れがない場合はおまとめローンは利用できません。

・返済期間は?

おまとめローンの返済期間は、最終借り入れ後最長10年となっています。返済回数は最大120回です。返済期間や返済回数は、プロミス側と交渉したうえで設定されます。無理のない範囲で返済期間や回数を決定しましょう。

・借入利率はどれくらい?

おまとめローンの借入利率は、実質年率で6.3%から17.8%です。借入額などに応じて、この範囲内で利率が決定されます。プロミスでは100万円未満でも、法で定められた上限金利18%より、0.2%上限が低く設定されています。また、おまとめローンでの借入額が100万円以上になれば、金利は必ず年15%以下となります。

・融資額の上限は?

おまとめローンの融資額は300万円までとなっています。必ず上限まで借り入れできるという訳ではなく、プロミス側の審査を受けて決定した金額までしか借り入れできません。

・利用できない借り入れもある

他社からの借り入れすべてが利用できるという訳ではなく、利用できない借り入れもあります。借り換え対象となるローンは、消費者金融またはクレジットカードなどによる無担保の借り入れです。

銀行のカードローン、クレジットカードのショッピング利用額などは借り換え対象ではないので注意しましょう。

プロミスのおまとめローンを利用するメリットとは

プロミスのおまとめローンを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか?おまとめローンを利用するメリットについて見ていきましょう。

・返済日が1回にまとまるから管理しやすい

複数の業者から借り入れしている場合、返済日や返済額を把握して返済を行うのが大変な場合があります。そんなとき、プロミスのおまとめローンを利用すると、返済先がプロミスだけになるため手間が減り、計画的に返済が行えるというのがメリットです。

・現在のローンより低い金利で借り換えられる

おまとめローンを利用することで、現在借り入れしているローンよりも金利が下がるというのもメリットです。

借入額をまとめることで、プロミスでの借入額が大きくなります。すると利息制限法により、金利が低くなるのです。利息制限法では10万円未満の借り入れでは上限年20%、10万円以上100万円未満の場合は上限18%、100万円以上の場合は上限15%と決められています。

プロミスでは100万円以下の借り入れでも上限金利は17.8%と利息制限法の上限より0.2%低い金利で設定されています。さらに50万円ずつ3社から借り入れしている場合、上限金利は18%となっています。

しかしプロミスのおまとめローンを利用した場合、プロミスからの借り入れが150万円となり、上限金利は15%となるため、3%も金利が下がります。金利が下がることで返済額や金利に対する負担も減るため、より返済しやすくなるというのもメリットです。

おまとめローンと借り換えの違いを知りたい人は、「借り換え可能なカードローンとは?特徴や審査内容も紹介」も参考にするといいでしょう。 また、低金利の借り入れができるカードローンを知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

カードローンを低金利で利用するには?おすすめ選び方と比較ポイント

・担保・保証人は不要

プロミスのおまとめローンを利用するには、担保や保証人は不要です。おまとめローンを行っている銀行もありますが、金利が低いものは担保や保証人が必要な場合もあります。担保や保証人が用意できない場合や、他の人には知られずにおまとめローンを利用したい場合などには大きなメリットです。

・直接これまでの借り入れ先に返済してくれる

プロミスのおまとめローンを利用した場合、審査に通れば直接これまでの借入先にプロミスが入金して返済してくれます。自分で完済手続きを行わなくてよいのもメリットです。

・銀行のおまとめローンよりも審査が早くて手軽

銀行で提供しているおまとめローンは、審査が厳しく時間がかかる傾向にあります。それに対してプロミスのおまとめローンは審査が早く、店頭申し込みであれば即日融資も可能です。銀行の場合、審査に時間がかかるため、即日融資は不可能です。なるべく早く借り入れを一本化したいと考えている場合はプロミスのほうが適しているでしょう。

プロミス

おまとめローンを利用するデメリットは

おまとめローンを利用するデメリットは、複数の消費者金融から借り入れすることと比べると基本的にはありません。ただし注意したいのが利息分はおまとめローンでは借りることができないという点です。

おまとめローンの対象となる無担保ローンであっても、利用できるのは元本分のみで利息分は自分で用意する必要があります。

また追加借り入れもできませんから、あらかじめ利用する無担保ローンについて整理し、追加借り入れの必要がないようにしておきましょう。

おまとめローンを利用する手続きを紹介

プロミスのおまとめローンを利用するにはどのような手続きが必要なのでしょうか?おまとめローンを利用するために必要な手続きについて紹介します。

・申し込みは3つの方法がある

プロミスでおまとめローンを申し込むには、プロミスの自動契約機(ATM)、店頭窓口(お客様サービスプラザ)、プロミスコール(電話)の3つの方法があります。通常の借り入れではWebで申し込みができますが、おまとめローンはWebでは受け付け不可となっていますので注意しましょう。

ATMとプロミスコールは9時から21時まで、土日祝日も申し込みが可能です。店頭窓口は平日の10時から18時まで対応してもらえます。

ATMまたは店頭では必要書類がその場で発行されます。その後審査が行われ、審査に通れば契約が可能です。電話で申し込む場合は郵送で必要書類が送られてきますから、申込書に必要事項を記入し、プロミスに返送します。書類が到着後、審査が行われ、審査に通れば融資が受けられます。

・審査に必要な書類とは

おまとめローンの審査に必要な書類は、本人確認書類、収入証明書類の2つです。本人確認書類は運転免許証、パスポートです。運転免許証とパスポートがない場合は、健康保険証と住民票を合わせて送ることでもOKとなります。

収入証明書類は、源泉徴収票、確定申告書、所得証明書、税額通知書のそれぞれ最新のものか、直近2ヵ月分の給与証明書と直近1年分の賞与明細書を組み合わせたもので対応できます。

・借入先にプロミスが振り込みしてくれる

審査に通り借り入れが可能になった場合は、他社借入先にプロミスがその人の名前で直接振り込みを行ってくれます。振込手数料などは必要なく、直接借入金額を返済してもらえるので手間がかかりません。

ただしこちらで振り込まれるのは元本のみとなっており、利息分は自分で振り込む必要があるため注意しましょう。

おまとめローンの審査条件とは

おまとめローンを利用するためには、プロミス側の審査に通らなければなりません。おまとめローンの審査条件はどのようなものなのでしょうか?

・対象者は「20歳以上65歳以下の安定収入がある人」

プロミスのおまとめローンを利用できるのは、「20歳以上65歳以下の安定収入がある人」とされています。年齢が対象外の場合は利用できません。安定収入という点ですが、パートやアルバイトであっても定期的に決まった収入を得ていれば審査に通る可能性があります。

ただし、不定期な仕事で毎月の収入が一定でない、収入がない月がある場合などは審査に落ちる可能性がありますので、まずは定期的な収入を得られる仕事に就くことが大切です。

・審査はスピーディー!即日融資も可能

プロミスのおまとめローンは審査が早いのが特徴です。店頭やATMで申し込んだ場合、最短でその日のうちに融資を受けることができます。

ただし、即日融資といってもおまとめローンの場合は、融資が可能な場合、プロミスが他社借入先に銀行振り込みを行って返済してくれる形です。銀行の営業時間が終わった後に申し込みを行っても、手続きは翌日以降になってしまいます。即日融資を受けたい場合は、14時ごろまでに申し込みを完了するようにしましょう。

・在籍確認はあるが相談も可能

プロミスなどで借り入れを行い、収入証明書類を提出した場合、勤務先に本当にその人が在籍しているかの在籍確認が行われます。おまとめローンを利用した場合も、プロミス側から勤務先に在籍確認が行われることを把握しておきましょう。

在籍確認ではプロミスという社名を出すことはなく、個人名で電話がかかってきます。そのため基本的には職場にプロミスを利用することがばれることはありません。また在籍確認では必ず本人が職場の電話に出なくてはならないというわけでなく、「○○はただいま席を外しております」といった対応でもOKになります。

どうしても職場に知られたくない場合などは、プロミス側に自分しかいない時間帯にかけてもらうなどの対応をしてもらうことも可能ですから、一度相談してみましょう。

・借入額が多すぎる場合は審査に落ちる場合も

消費者金融での無担保ローンは年収の3分の1までという総量規制があります。しかしおまとめローンは総量規制の対象外のため、年収の3分の1以上でも借り入れが可能です。

しかし収入に対して借り入れの総額があまりに多すぎる場合などは、プロミス側としても返済不可能とみなされ、審査に落ちる可能性があります。その場合は、借入残高の少ないものから優先的に返済し、完済することで借入件数を減らせば審査に通る可能性があります。

複数の消費者金融からの借り入れは返済の手間も多く、計画的に返済できない原因となります。プロミスのおまとめローンを利用することで、返済を一本化して金利を減らすことで、より効率的に返済することができます。複数の借り入れをしている人は一度検討してみてはいかがでしょうか。

プロミス