フィボナッチ分析とは

フィボナッチ分析とは「フィボナッチ数列をFX相場の分析に応用した分析方法」である。

フィボナッチ数列とは「0.1.1.2.3.5.8.13.21.34.55.89.144.233.377…」のように続く数列のことで、すべての数字は前2つの数字を足した値と等しくなる。このフィボナッチ数の値が大きくなるほど「前の数字に対する増加率は1.618に限りなく近づく」、さらに「次の数字に対する減少率は0.618に限りなく近づく」特徴がある。

この特徴を基にした比率を「フィボナッチ比率」と呼び、このフィボナッチ比率をFXの相場に活用した分析方法がフィボナッチ分析となる。

フィボナッチ比率は以下の値がよく利用されるのでおさえておこう。

  • 23.6%
  • 38.2%
  • 50.0%
  • 61.8%
  • 76.4%

フィボナッチ分析の活用方法

フィボナッチ分析をFXのトレンド分析に活用する方法として、以下2つを紹介する。

  • フィボナッチ・リトレースメント
  • フィボナッチ・エクスパンション

それぞれを解説していこう。

フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントはFXの相場分析において、フィボナッチ分析の中では主要な分析方法だ。相場がレンジである状態では活用しづらく、トレンドが発生してその傾向を分析する際に用いられる。

FX相場の動きは上昇や下降を繰り返すが一方向には限定されていない。一定の反発や反落を繰り返しながらトレンドを形成していく。その反発や反落の値幅がどのくらいの値になるのかを分析する際に「フィボナッチ・リトレースメント」が利用される。

フィボナッチ・リトレースメントを用いる際には、まずトレンドが形成されたときの高値と安値の値幅をフィボナッチ比率で分割する。その後、フィボナッチ比率と比較し反落や反落の目安を分析する。実際のチャートを確認すると、38.2%や50.0%などのフィボナッチ比率で反発や反落が起きていることが多い。

ただし、相場の高値と安値を選択する際の時間軸で迷う方もいるだろう。その場合、長い時間軸を選ぶとより影響力がわかりやすい。FX初心者であれば、前日のトレンドに注目してフィボナッチ・リトレースメントの分析方法を活用するとよいはずだ。

フィボナッチ・エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンションは「上昇トレンドが形成されている中で反発した場合、どのくらい上昇するか、また下降トレンドが形成されている中で反発した場合、どのくらい下落するか」を分析する手法だ。

フィボナッチ・リトレースメントと同様に起点となる安値と高値を設定し、反発と反落の値幅を参考にしながらそのトレンドの動きを推測する。トレンドが弱い場合は38.2%、トレンドが強い場合は100%のフィボナッチ比率を参考にする場合が多い。

FXの取引ツールや描画ツールにフィボナッチ分析が実装されている場合が多いので、FX初心者が相場のトレンドを分析する際にはぜひ取り入れてみよう。

実際にFXを始める


■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高8年連続国内第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>YJFX!の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)