ああカードローンを申し込む人の中には、「手持ちの現金がない」「クレジットカードの支払いが迫っている」などの理由で、その日のうちにお金を借りたいという人も多いでしょう。

申し込めば簡単に即日融資を受けることができるカードローンにはどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、カードローンの中でもSMBCモビットに注目して、特徴や即日融資を受けるための流れ、注意点などについて解説していきます。

SMBCモビットの特徴とは

モビット,即日,融資
(画像=PIXTA)

SMBCモビットは三井住友銀行グループの大手消費者金融会社です。テレビでCMを見て、名前だけは知っているという人もいるでしょう。まずは、SMBCモビットの特徴について、簡単に見ていきましょう。

Web完結なら電話連絡なし

カードローンを申し込む際は、本人確認を行うために職場に電話がかかってくる場合があります。この電話によって、カードローンを申し込んだことが、同僚などに知られてしまうことを気にする人もいるのではないでしょうか。

SMBCモビットの特徴の1つである、Web完結での申し込みを利用すれば、勤務先への本人確認の電話はありません。

Web完結の申し込みは、すべてオンラインでの手続きになるため、家族にも借り入れを知られることはありません。Web完結以外の方法で申し込んだ場合は、1度だけ自宅に郵送物が届きますが、封筒の送り主にはSMBCモビットの名前は書かれていませんので、家族に知られにくくなっています。

スマホアプリで借り入れ・返済ができる

SMBCモビットは提携ATMの数が多く、全国で14万台以上のATMが利用できます。そのなかでも特筆すべきなのが、セブン銀行のATMです。スマートフォンアプリの「Myモビ」を使うことで、セブン銀行のATMからスマートフォンだけでお金の借り入れや返済が可能です。これは他のカードローンにはないSMBCモビットだけのサービスです。

「Myモビ」にはパソコン版とモバイル版があり、サービスも異なります。スマートフォンでお金の借り入れや返済をするためには、モバイル版の「Myモビ」を利用する必要があります。

なお、自社ATMを持たないSMBCモビットですが、グループ会社の三井住友銀行のATMであれば手数料無料で利用できます。提携ATM手数料が気になる人は、三井住友銀行のATMを利用しましょう。

無利息サービスがない

多くのカードローンには、無利息期間があります。例えば、契約の翌日から30日間は利息が0円、1週間であれば何度でも利息がかからないというように、各社独自のサービスを展開しています。

しかしSMBCモビットは、大手消費者金融会社の中で唯一無利息期間を設けていません。短期間での返済を計画しているのであれば、他社のカードローンと比較してみてもよいでしょう。

審査スピードが速い

SMBCモビットの審査は、他の大手カードローン会社と同じように、最短30分で終わります。その日のうちにお金が必要な人にとって、審査のスピードが速いことはうれしいポイントです。

即日融資という点でも、SMBCモビットは優秀です。SMBCモビットは21時まで審査を行っているので、遅くとも20時ごろまでに申し込むことで、即日融資を受けられる可能性があります。

また、SMBCモビットには「10秒簡易審査」というサービスがあり、必要項目を入力するだけで審査結果がシミュレーションできます。

SMBCモビットの簡易審査は、20項目近く情報を入力するため少々面倒に感じられるかもしれません。しかし、その分精密なシミュレーションが可能となります。

即日融資の流れ

ここでは、特に即日融資を希望されている人を中心に、SMBCモビットのカードローンの申し込み方法について詳しく見ていきましょう。

申し込み

SMBCモビットの場合、Web完結で申し込みをすれば、本人確認の電話を受けずにオンラインで手続きを完結させることができます。

カードは後日郵送で送られてくるので、即日融資を受けたいのであれば、振り込みでお金を受け取る必要があります。振り込みで受け取ることが難しい場合は、自動契約機でカードを受けとるか、スマートフォンアプリを利用してセブン銀行ATMから借り入れを行いましょう。

審査

申し込み情報を入力すると、簡易審査結果が表示されます。または、登録時に入力したメールアドレスやSMSで簡易審査終了の連絡がきます。この時点で、融資を受けられるかどうかが分かります。

Webで申し込みの手続きを行った後、SMBCモビットに電話するとすぐに審査が行われます。審査は最短30分で終わり、すぐに審査結果が電話で連絡されます。

書類提出

SMBCモビットの審査を受けるときに必要となる提出書類は、本人確認書類と収入証明書類です。

本人確認書類は、運転免許証か健康保険証、パスポートのいずれか1つです。収入証明書類は、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書のいずれかで、給与明細の場合、直近2ヵ月分が必要になります。

融資

審査が通れば、借り入れは簡単にできます。Web完結で手続きを済ませた人が即日融資を受けたい場合は、振り込みを依頼することになります。

ローン契約機を利用して手続きをした場合はカードが発行されるので、そのまま提携ATMでお金を引き出しましょう。

申し込み方法別の流れ

SMBCモビットには、Web完結以外にも複数の申し込み方法があります。それぞれの申し込み方法の手続きの流れを見ていきましょう。

Web申し込み

Web完結で手続きを行うと即日融資が可能になりますが、そのためには三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている必要があります。また、全国保険協会発行の保険証か、組合保険証のどちらかも必要になります。国民健康保険証や船員保険証では、Web完結で手続きを終わらせることができないので注意しましょう。

Webで手続きが完了した場合は、そのまま会員ページにログインし、指定口座に借り入れができます。後日、カードを受け取った後に提携ATMを使ってお金を借りることが可能です。

ローン契約機

SMBCモビットでは、ローン契約機による手続きでも即日融資が可能です。運転免許証などの身分証明書を用意して、ローン契約機の取引画面に必要事項を入力すると審査が始まります。

審査は最短30分で終わり、結果は電話で連絡が入りますが、簡易審査の結果によっては本格的な審査の前にカードが発行される場合もあります。

審査結果の連絡がきた後は、カードを使って提携ATMでお金を借り入れるか、振り込みを依頼することで融資が受けられます。

スマホアプリ

スマートフォンアプリを利用した場合、提出書類などをスマートフォンのカメラで撮ってアップロードすることで提出できます。

オンラインでの申し込みはパソコンでもできますが、画像データをパソコンに取り込んでからアップロードするので、スマートフォンより少し手間がかかります。

SMBCモビットではスマートフォンアプリを使って、セブン銀行のATMからお金を引き出すことが可能です。アプリでお金を引き出したい場合は、事前にアプリをダウンロードして、会員情報を入力しておきましょう。

注意するポイントは

カードローンで即日融資を受けたい場合にはいくつかの注意点があります。SMBCモビットで即日融資を申し込むときの注意点を見ていきましょう。

早い時間に申し込む

Web完結での手続きはいつでもどこでもできますが、即日融資を受けるためには振り込みを依頼する必要があります。SMBCモビットの場合、振り込みは14時50分までになっているので、この時間までに手続きが完了しなければ即日融資を受けることができません。

即日融資を受けたいのであれば、審査にかかる時間を考えて、できるだけ早い時間に申し込みましょう。

書類の提出は慎重に

手続きにかかる時間を考えて、早い時間に申し込んだとしても、書類に不備があっては審査が完了しません。書類に不備があった場合、ローン会社から書類を提出し直すように依頼があり、再度提出する必要があります。

即日融資を受けたいのであれば、審査を早く確実に終わらせる必要がありますので、書類を提出する際は慎重に確認しましょう。

借り入れ金額が少ないと審査が早い

ローンを申し込む際、一般的に借り入れ金額が少ないほうが審査は早く終わります。審査を早く終わらせたいのであれば、借り入れ金額を少なめに申請することも考えましょう。

まとめ

SMBCモビットは、三井住友銀行グループの大手消費者金融会社です。審査も早く、勤務先への電話連絡が無いので、他の人にばれることなく、できるだけ早くお金を借りたい人におすすめのカードローンです。

SMBCモビットには、オンラインだけで手続きが進むWeb完結という申し込み方法があり、ローン契約機などを使って申し込むよりも早く手続きを行うことができます。

SMBCモビットで即日融資を受ける際は、この記事を参考にして、注意点をよく確認のうえ手続きを進めましょう。