FXで稼ぎたいなら、まずFXで利益を生み出す仕組みを知っておく必要がある。

今回は、これからFXを始める人向けに、FXで利益が出る仕組みやFXならではの魅力、注意すべきリスクについて網羅的に解説する。読み終わる頃には、FX取引を始めるうえで必要な知識が身に付いているだろう。

そもそもFXとは?

fx, 稼ぐ, 仕組み
(画像=PIXTA)

FXとは、二国間の通貨を売買して差益を狙う投資のことだ。FXは「Foreign exchange(外国為替)」の略で、日本語では外国為替保証金取引となる。

FXでは、日本円・ドル・ユーロ・ポンドなど、他国の通貨を売ったり買ったりする。例えば日本円でドルを購入すれば、「円売り」「ドル買い」となる。このように、ドルでポンドを買ったり、ユーロでドルを買ったり、二国間の通貨の売買を繰り返して差益を狙うのがFX取引の仕組みだ。

売買差益で利益を出す仕組み(キャピタルゲイン)

二国間の通貨を売買することで、どうして差益が発生するのか。それは、為替レートが常に変動しているからだ。

為替レート(為替相場)とは、異なる通貨が交換されるときの交換比率のことだ。「1ドル=109円77銭」といった表記をされる。為替レートは、テレビや新聞で目にしたことがある人がほとんどだろう。

為替レートが常に変動しているからこそ、タイミングを見計らって二国間の通貨を売買すれば、差益を受け取れる。これがFXで利益が出る1つ目の仕組みだ。

例をあげて説明しよう。例えば、「1ドル=100円」のときに、1万円で100ドルを購入したとする。その後為替レートが上がり、「1ドル=110円」になったタイミングで、100ドルで円を買い戻せば、1万1000円になる。つまり、1000円の売買差益が得られたということだ。

このように、売買差益で得られる利益をキャピタルゲインと呼ぶ。キャピタルゲインを得るために、為替レートを予想し、売買を繰り返すことになる。

スワップポイントで利益を出す仕組み(インカムゲイン)

FXで利益を出すには、通貨を保有することでスワップポイントを受け取るという方法もある。これはFXのインカムゲインと呼ばれている。

スワップポイントとは、金利差調整分のことだ。

日本円を保有していれば、金利を受け取ることができる。同様に外国の通貨を保有している場合も、保有している期間は保有残高に応じて金利を受け取ることができる。

ただし、FXではある通貨を売って、ある通貨を買うことになる。そのため、仮にすべての国の金利が等しければ、金利差は発生しない。

しかし現実は、金利は国によって大きく異なる。例えば、金利0.10%の日本円を売って金利11.25%のトルコリラを買った場合、11.25%から0.10%を差し引いた11.15%の金利を受け取れる。これがスワップポイントだ。

スワップポイントは、通貨を保有している期間中はずっと受け取れる。大きく利益をあげたいならキャピタルゲインを狙うことになるが、政策金利の高い通貨を保有し、じわじわとスワップポイントを積み上げるのもFXの仕組みを利用した1つのやり方だ。

FXを始めるなら知っておきたい業界用語

続いて、FXを始めるなら押さえておきたい業界用語を解説する。

チャートとは

FXについて調べ始めたら、必ずどこかでチャートという言葉を目にするだろう。チャートとは、相場の値動きをグラフで表したものだ。

FXでは、チャートを見て相場の動きを予測し、売買のタイミングを見極める(いわゆる「テクニカル分析」の手法)。そのため、チャートの仕組みについて知ることは非常に重要だ。

FXのチャートにはさまざまな種類があるが、もっともメジャーなのはローソク足だ。ローソク足では、終値・始値・高値・安値の4つの情報を1度に得ることができる。

通過ペアとは

FXでは、ある通貨を売ってある通貨を買うことになる。これを通貨ペアと呼ぶ。

通貨ペアは、「日本円/米ドル」「ユーロ/メキシコペソ」など、スラッシュで区切って表すことが一般的だ。左側が基軸通貨(売る通貨)で、右側が決済通貨(買う通貨)だ。日本円を「JPY」、米ドルを「USD」、ユーロを「EUR」など、アルファベットで表記することも多い。

FXの魅力とは

FXにはさまざまな魅力があるが、ここでは代表的なFXの魅力を3つ紹介する。

少ない元手で大きな利益を出すことができる

FXでは、自己資金の25倍まで取引ができる。例えば、自己資金が4万円だとしても、最大100万円の取引ができるというわけだ。

自己資金を超えて取引することを、「レバレッジをかける」という。FXでは、レバレッジをかけることで、少ない元手で大きな利益を出せる可能性がある。これがFXの最大の魅力と言えるだろう。

もちろん、無理に25倍までレバレッジをかける必要はない。レバレッジをかければ、それだけリスクも大きくなる。余裕資金や自分の経験値、相場状況なども踏まえて、どの程度レバレッジをかけるか判断することが大切だ。

スワップポイントを受け取ることができる

スワップポイントを受け取れることも、FXのうまみの一つだ。日本では長期間にわたって超低金利が続いている。日本円を保有していても、ほとんど利息がつかないというのは、誰もが知るところだ。

しかし世界を見渡せば、金利の低い国ばかりではない。特に新興国には金利が高い国も数多くあり、そういった新興国の通貨を保有していれば、継続的にスワップポイントを受け取ることができる。日本円より高い利息をスワップポイントとして受け取れることは、FXの魅力の一つだ。

24時間スマホで取引できる

株式投資であれば、証券取引所が開いている時間帯しか取引ができない。株式投資で取引が可能なのは、平日の午前9時から11時半の前場(ぜんば)と、午後12時半から15時の後場(ごば)に限られている。この時点で、短期的な株式投資は断念せざるを得ない人も多いだろう。

一方FXは、平日は24時間いつでも売買できる。日中仕事で忙しいサラリーマンでも、帰宅後にじっくりトレードに集中することが可能だ。時間の自由がききやすいのも、FXの魅力の一つと言えるだろう。

FXが24時間取引できるのは、時差の関係で、必ずどこかの国の市場が開いているためだ。例えば、日本の市場が閉まる時間帯も、アメリカやイギリスの市場は開いている。こういった仕組みから、FXは24時間いつでも取引できるのだ。

FXのリスクとは

メリットの多いFX取引だが、当然注意すべきリスクもある。続いては、FXの代表的なリスクを2つ紹介する。

スプレッドが発生する

FXでは、スプレッドと呼ばれる取引コストが発生する。スプレッドとは、売値と買値の差額のことである。

例えば、ある通貨ペアで売値が100円50銭、買値が100円55銭という場合、差額の5銭がスプレッドとなる。スプレッドは取引コストなので、スプレッドが狭いほど、FXで利益を出せるという仕組みだ。

スプレッドはFX会社によって異なるため、FX口座を開くときは、スプレッドの水準に注意しておきたい。

ロスカットに注意する

FXでは、投資家を守る観点から、評価損が一定水準に達するとロスカット(強制決済)される仕組みになっている。ロスカットされれば、注文が自動的にキャンセルされ、保有していた通貨はすべて決済されてしまう。

ロストカットはFX取引でもっとも避けたい事態だ。ロスカットされることがないよう、FX会社が定める証拠金維持率を下回っていないか、常に注意しながら取引することが大切だ。また、レバレッジをかけすぎることなく、余裕を持った取引を心がけたい。

4つの代表的なトレード方法

FXでは、どのぐらいの期間でトレードするかによって、トレード方法を4つに分類することができる。こうしたFXの代表的なトレード方法を紹介していく。

スキャルピングで利益を出す仕組み

スキャルピングとは、数秒から数分のスパンでトレードを繰り返す超短期的なトレード方法だ。相場が上昇・下降するタイミングで、超短期間通貨ペアを保有し、少しでも利益が出ればすぐに決済する。

確実に狙える小さな利益をコツコツ積み上げることを目指すのがスキャルピングだ。スキャルピングは、仕組みを理解して相場に慣れれば、利益をあげやすいトレード方法である。

一方で、スキャルピングを禁止しているFX会社もあるため、口座開設前にはよく確認しておきたい。

デイトレードで利益を出す仕組み

デイトレードは、スキャルピングと並んでトレーダーに人気の手法だ。デイトレードでは、1日の間に数回の取引を繰り返す。通貨ペアを保有する期間は、数時間程度だ。1日の終わりにはすべての通貨ペアを決済し、取引を終える。

デイトレードのメリットは、スキャルピングと同様、チャートをある程度読めるようになれば利益をあげやすい点だ。また、1日で取引を終えるため、余計なストレスを抱えずにすむ。

一方、取引を繰り返すことで、取引のたびにスプレッド(取引コスト)が発生してしまうというデメリットがある。そのため、スプレッドが狭いFX会社を選んで口座開設するようにしたい。

スイングトレードで利益を出す仕組み

スイングトレードは、1日から数日程度の期間で取引する方法だ。スキャルピングやデイトレードと比較すると、時間をかける分、大きめの利益を狙うことになる。

スイングトレードなら、スキャルピングやデイトレードのように取引画面をずっと見ている必要がない。そのため、サラリーマンや公務員をしながら副業でFXをしたい人にも向いている。

一方、数日にわたって通貨ペアを保有することが、ストレスになる場合がある。相場が気になって仕方ない、ほかのことが手につかない、といった状態になりそうなら、トレード方法を見直すべきだろう。

中長期投資で利益を出す仕組み

FXでは、まずスキャルピング・デイトレード・スイングトレードなどから入る人が多い。しかし、中長期投資で利益を出すことも可能だ。中長期投資では、スワップポイントを受け取りつつ、売買差益が出るタイミングを待つことになる。

中長期投資のメリットは、売買を繰り返す必要がないため、比較的余裕を持ってかまえていられることだ。一方で、決済のタイミングが分からなくなったり、利益が出るまでに時間がかかったりするといったデメリットがある。

Q


トレードスタイルを教えてください


羊飼いさん
個人投資家

最近はよく言われている「プライスアクション」みたいなものが主体になって来ました。為替はその場その場で色んな為替の反応があり、トレンドを見るよりレート自体の反応を見たほうが取れると考えています。また、定期的に暴落もあるので「持つリスク」がありますし、レバレッジをかけられるので資金効率もよいので、スキャルピングという超短期のスタイルに行き着きました。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら

()

羊飼いさん
> 個人投資家

最近はよく言われている「プライスアクション」みたいなものが主体になって来ました。為替はその場その場で色んな為替の反応があり、トレンドを見るよりレート自体の反応を見たほうが取れると考えています。また、定期的に暴落もあるので「持つリスク」がありますし、レバレッジをかけられるので資金効率もよいので、スキャルピングという超短期のスタイルに行き着きました。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら


シストレとは?自動売買の仕組み

シストレとは、システムトレードの略で、自動売買取引のことである。

シストレでは、あらかじめ一定のルールを設定しておけば、システムがそのとおりに注文を行ってくれる。常に取引画面を開いていなくても、自動で取引できることがシストレの魅力だ。また、感情に左右されず、自分が設けたルールを厳格に守ったトレードが可能だというメリットもある。

シストレにはいくつかの種類があり、特徴はFX会社によって異なるため、シストレをする予定なら、どこで口座開設するかは慎重に検討したい。

FXを始めるときの注意点

FXにはバーチャルトレードアプリがある。「いきなり自己資金を投じるより、まずはバーチャルトレードで経験を積もう」と考える初心者も多いだろう。しかし、バーチャルトレードで利益を出せたタイミングで現実のトレードを始めると、一気に現金を失ってしまうケースもある。

バーチャルトレードなら気軽にできるし、一定の経験を積むこともできるかもしれない。しかし、自己資金をまったく投じていない状況で、真剣に取り組むのは難しいものだ。

それなら、最初から少額でも自己資金を投じて取引を始めたほうがよほどいい。結局、自己資金を投じて緊張感のある取引をしないと、投資感覚は磨かれない。「お試しでやってみよう」という感覚には、注意が必要だ。

Q


これから投資を始める人にアドバイスするとしたら


羊飼いさん
個人投資家

投資がギャンブルになってしまわないよう、ギリギリのお金でやるのではなく、余裕資産が出来てから始めるのが一番良いと思います。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら

()

羊飼いさん
> 個人投資家

投資がギャンブルになってしまわないよう、ギリギリのお金でやるのではなく、余裕資産が出来てから始めるのが一番良いと思います。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら


FXは夢のある投資

FXの仕組みを利用すれば、少ない元手でも大きな利益を出せる可能性がある。少額の自己資金から始められるFXは、夢のある投資と言えるだろう。

一方で、レバレッジのかけ方に注意しないと、一気に現金を失って退場することになりかねない。自分なりに情報収集してきちんと知識を身に付け、慎重に取引を重ねていくことが大切だ。

実際にFXを始める

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高8年連続国内第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)