FX(エフエックス)という名前は知っていても、実際どういうものなのか詳しくは知らないという人も多いでしょう。

そんなFX(エフエックス)初心者の人向けに、「そもそもFXとは何か」から「FXでのトレード方法」、「FXでの分析方法」までFX初心者向けの入門知識を紹介していきます。

FX,始め方
(画像=PIXTA)
FXの基礎知識 FXの情報の集め方 FX取引の始め方 FXのチャートの見方 テクニカル分析 ファンダメンタル分析 トレードスタイル

FX(エフエックス)初心者入門目次

1. FX(エフエックス)とは?

FX(エフエックス)とは、「外国為替証拠金取引 (Foreign eXchange) 」の略称で、外国の通貨を売買してその差額で利益を出すことを目的とした金融商品のことです。

円高・円安

国の経済状況などで通貨の価値は常に変化します。ニュースなどで「円高」「円安」と聞いたことがある人も多いと思いますが、「円高」「円安」もこの通貨の価値の変化によって起きるものです。

例えば「円高」なら、円の価値が上がっているため、日本円を両替して海外で買い物すると、いつもより安く変えたりします。

円高・円安

例えば1ドルの価値が100円の時に、100円で1ドルを買ったとしましょう。

その後ドルの価値が上がって1ドルの価値が101円になった時に、そのドルを売ると101円になり、1円の利益になるのです。

利益が1円というと少なく感じるかもしれませんが、FXではFX会社に預けた「証拠金」の数十倍から数百倍の金額で取引することができるので、少額の資金でも大きな儲けを出すことができることができるのです。「証拠金」の何倍の金額で取引できるかを「レバレッジ」といい、この「レバレッジ」はFX会社によって異なります。 (日本では最大25倍)

レバレッジとは

レバレッジに関して詳しく知りたいならこの記事がおすすめです。
FXでレバレッジを使いこなすために知っておきたい基礎知識

FX(エフエックス)の通貨ペアとは

FX(エフエックス)の通貨ペアとは、「売る通貨」と「買う通貨」の組み合わせのことです。

通貨ペアとは

例えば「米ドル/円を買う」というのは、「円を売って米ドルを買う」ということです。

通貨ペアの左側を「基軸通貨」、右側を「決済通貨」と言いますが、この2つの通貨の価値の差が変動することで為替レートが動くのです。

簡単にまとめると、「通貨ペアの左側の通貨の価値が上がる (右側の通貨ペアの価値が下がる) 」と思ったらその通貨ペアを買い、逆なら売るということです。

FX(エフエックス)の取引コストとは

FX(エフエックス)では株の取引とは異なり、ほとんどの会社では「取引手数料」は発生しません。その代わりに、「スプレッド」と呼ばれる「買いの金額」と「売りの金額」の差分があり、これが実質的な取引コストに該当します。また、株式取引では「買い」と「売り」両方に取引手数料がかかるのに対して、FXでは「売り」にのみ手数料 (スプレッド) が発生するのも株との違いです。

スプレッドとは

FXで最大手の「DMM FX」では、米ドル/円 (USD/JPY) のスプレッドが0.2銭、ユーロ/円 (EUR/JPY) のスプレッドが0.5銭となっています。

例えば「ドル/円」のスプレッドが0.2銭のFX会社で取引する場合を考えてみましょう。

1日の取引回数ごとの月の取引コストのシミュレーションが以下のようになります。

1日の取引回数 取引コスト
5回 2,000円
10回 4,000円
100回 40,000円

表からもわかる通り、取引回数が1日5回程度でも月間の取引コストは4,000円程度になります。

FX(エフエックス)会社によってスプレッドは10倍以上違うこともあるので、FX初心者ならなるべくスプレッドの安いFX会社を選ぶのがいいでしょう。

スプレッドについてもっと詳しく知りたいならこの記事を読むといいでしょう。
FX(エフエックス)のスプレッドとは?計算方法やFX会社の比較ポイントを徹底解説
スプレッドで比較しよう!トレーダーにおすすめのFX会社とは

FX(エフエックス)のポジションとは?

FX(エフエックス)では株とは違い、「買い」だけでなく「売り」からも取引をスタートできます。

FXの買いで利益を出す仕組み

例えば米ドル/円であれば、「1ドル101円」の時に売って、「1ドル100円」の時に買い戻すことで、差額の1円が利益になるということです。

FXの売りで利益を出す仕組み

この時の「売り」を「売りポジション (ショートポジション) 」、「買い」を「買いポジション (ロングポジション) 」と言います。

「買い (ロング) 」でも「売り (ショート) 」でも取引をスタートできるので、上がっていく相場でも下がっていく相場でも取引で利益を出せるのがFXの魅力と言えるでしょう。

FXの「ポジション」について詳しくは次の記事を読むといいでしょう。
FX取引における「ポジション」とは?

FX(エフエックス)のスワップとは?

FXでは、ポジションを持っておくだけで「スワップポイント」と呼ばれる利子のようなものが発生します。

この「スワップポイント」とは各国の金利の違いによって生じる金利差で、例えば「米ドル/円 (USD/JPY) 」ならアメリカの方が日本よりも金利が高いので、買いポジションを持っておくことでスワップポイントを毎日受け取ることができるのです。

スワップとは

株でいう配当のような形で、スワップポイントを目的としたFXの投資方法もあります。FXに慣れてきたらスワップ投資も試してみるといいでしょう。

スワップに関する詳しい記事はこちら
FXにおけるスワップとは何か?

【その他関連記事】

2. FX(エフエックス)口座の開設

FX(エフエックス)口座を開設する

FX(エフエックス)の基本的な仕組みがわかったら、次はFXを始めるためにまずはFX会社でFX口座を開設しましょう。

FX会社によって様々な特徴がありますが、FX初心者ならまずは以下の3つのポイントをおさえたFX会社で口座を開設して、FXに慣れてから他のFX会社での口座開設を検討するのが良いでしょう。

  • ・スプレッド (取引コスト) が安い
  • ・少額から投資できる
  • ・ツールが使いやすい

この3つのポイントをおさえているのが、SBI FXトレードYJFX!の2社です。特にSBI FXトレードはスプレッドがFX会社の中で最安であり、必要資金も5円程度と他のFX会社と比較して少額なので、FXを始めるには最適のFX会社です。

なお、FX口座開設には銀行口座や証券口座と同じく審査があります。大きな問題がなければ基本的にFXの審査で落ちることはありませんが、自分が審査に通るか不安なら次の記事を読んでみるといいでしょう。
FX口座開設で審査に落ちることはあるのか?基本とポイントを紹介

三平さん(FXトレーダー)
アイコン

私はYJFX!とJFXを使い続けています。YJFX!は旧サイバーエージェントFXで、いち早くトレードアプリにRCIを取り入れた会社です。ネット系企業だけあって、当初からアプリは抜群に使いやすかった。

3. FX(エフエックス)の始め方

FX(エフエックス)口座を開設したら次はいよいよ取引です。FX初心者の場合、取引では次の2つのポイントを確認しておきましょう。

  • いくらから取引するのか
  • どの通貨ペアで取引するのか

初心者がいきなり何万円も投資するのはリスクが大きすぎるため、まずは少額で余裕を持ったレバレッジで始めるのがおすすめです。
初心者がFXを始めるならいくらから?必要な金額と始め方を解説

また通貨ペアを選ぶ際に、初心者が値動きの激しい通貨ペアやマイナー通貨で取引すると失敗しがちです。まずは米ドル/円やユーロ/円などの安定した通貨ペアで取引に慣れていくのがいいでしょう。
FXでは通貨ペアの選び方が重要!通貨の特徴と正しい選び方を解説

4. FX(エフエックス)の取引方法とは

FX(エフエックス)の主なトレード方法は4種類

FX(エフエックス)と聞くと、一日中パソコンの前に張り付いて値動きを見ている印象を持つ人も多いと思いますが、FXの取引方法にも色々な種類があります。代表的なものが以下の4種類です。

  • スキャルピング
  • 数秒から数分の超短期で取引を完結させる取引です。数百円程度の小さい利益を重ねていくトレードスタイルです。

  • デイトレード
  • 1日の中で取引を完結させる取引方法です。数千円から数万円の利益を1日に数回狙うトレードです。

  • スイングトレード
  • 低いレバレッジで、決済まで数日から数週間ポジションを持っておく取引スタイルです。長期的な目線での分析が必要になるため、初心者には難易度の高いトレードスタイルです。

  • 長期トレード
  • スイングよりもさらに長く、数ヶ月単位でポジションを持つトレード方法です。スワップポイントの高い通貨ペアでスワップを目的として長期トレードする人もいます。

また上記とは別に、「システムトレード (シストレ) 」と呼ばれる自動売買のトレード方法もあります。システムトレードは全てのFX会社で使えるわけではありませんが、自動で売買を重ねて放置しておくだけで運用してくれるので、手動での取引 (裁量トレード) をしている時間がないという初心者ならシステムトレードでFXを始めるという選択肢もあります。

羊飼いさん
アイコン

トレードと言えばデュアルディスプレイでやっている方が多いイメージですが、私はスマホとiPadで完結するようにしました。数年前に「海外旅行しながらトレードしたい」と考えた時期があって(笑)、結構時間をかけて練習して、場所を選ばず、いつでもどこでもトレードできるようにしました。

5. FX(エフエックス)初心者の注意点

FX(エフエックス)初心者が一番気になるのは、やはりFXは大損するのではないか、ということでしょう。FXは外国の経済や政治の影響を受けるため、相場が急変することももちろんあります。

しかし、きちんと守るべきルールを守って取引していれば、何十万や何百万といった損をすることはありません。また日本のFX会社では、レバレッジ (倍率) が最大25倍に規制されており、証拠金維持率が50%を切った時点で強制決済 (ロスカット) されるため、FXで借金をすることはありません。

FXで大損するのを避ける詳しい方法については、次の記事を読むといいでしょう。

羊飼いさん
アイコン

ブログを始める頃、「豪ドル円」を買ったのですが、インターネット掲示板での豪ドルの通称が羊だったので、そこからブログ名を「羊飼い」に決めました。当時、豪ドルは金利の高い通貨だったのですが、どんどん買い下がって暴落してしまい、約2000万円くらい損切りしたことがありましたね。

6. FX(エフエックス)の分析方法とは

FX(エフエックス)では、「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」という2つの分析を行なって、今後の値動きを予測します。

「テクニカル分析」とは、チャートのそれまでの値動きから今後の動きを予測する方法であり、FX会社などが提供している様々なツールを使って行うことができます。

テクニカル分析についての詳しい記事はこちら
FXのテクニカル分析とは?

一方「ファンダメンタル分析」とは、各国の政治情勢や経済状況などを元に今後の値動きを予想する分析方法です。FX初心者には海外の政治や経済のニュースを収集するのは難しいと思うかもしれないが、ほとんどのFX会社で様々な経済情報を日本語で提供している。また、FX会社によってはニュース速報をメールやアプリなどで知らせてくれるので、急な相場変動にも対応することは可能だ。

ファンダメンタル分析についての詳しい記事はこちら
ファンダメンタル分析とは?

FX(エフエックス)を始める前に確認したい4つのこと

Q

FXを始めようと思っていますが、損をしないか心配です。大丈夫でしょうか?

A

可能性がないとは言い切れませんが、レバレッジをかけすぎなければ大きな損を防ぐことはできます。投資の勉強として少額から始められるのがFXの特徴なので、まずは少額から始めてみるのがいいでしょう。

◇1通貨から取引可能!少額で始められるFX会社
SBI FXトレードの詳細はこちら

Q

FXを始めるのにはいくら必要ですか?

A

最低5円から始められるFXですが、利益を出したい場合は3〜5万円ほどの資金で始めるのが良いでしょう。取引単位が1000通貨以下のFX会社を利用すれば、利益を出しつつ少額で取引をスタートできます。

◇最低5円から!低リスクで始められるFX会社
SBI FXトレードの詳細はこちら

◇ヤフーグループの安心感!取引は1,000通貨から
YJFX!の詳細はこちら

Q

取引の際に手数料などはかかりますか?

A

FXでは、ほぼすべての業者で取引手数料が無料になっています。ただし、手数料の代わりにスプレッドという仕組みがあり、実質的な手数料となっています。FX会社を選ぶときは、なるべくスプレッドの低い会社を選ぶことが重要です。

◇スプレッド最小0.09銭!コストを抑えて取引できるFX会社
SBI FXトレードの詳細はこちら

Q

FX会社の選び方がわかりません

A

初心者の方の場合は「SBI FXトレード」や「YJFX!」などの初心者向けの人気FX会社から始めるのがいいでしょう。もっと詳しく知りたい方は当サイトのFX口座おすすめランキング 初心者におすすめの20社をプロが徹底比較などを参考にしてみてください。

羊飼いさん
アイコン

まずは自分の手がとどく範囲で、レバレッジかけずにやって欲しいですね。10万円で始めるなら、10万円以下の外貨を持ってみて、ニュースや日々情報を得て、どれくらい為替が動くのかをリアルに体験するところから始めるのがいいと思います。

記事一覧

今、読まれている記事